スポンサーリンク


5D1A8595t.jpg

さいわい降らずにすみそうだったので、昼すぎから多摩川沿いをぷらっと自転車で走った。

浅川との合流地点の河原まで行って、お目当てのコシアカツバメをまたしても見つけられなかった。それどころか、鳥影自体が全体的に薄く、キジやシジュウカラ、モズ、ホオジロといったレギュラー陣でさえかろうじて鳴き声のみの確認。今日は鳥が本当に少なかったのか、あるいは緑が濃くなって姿が見えないだけなのか。

そんななか、イワツバメの群れが局所的に飛んでいて、周囲の空にはツバメとヒメアマツバメもたまに。コシアカツバメもそろそろ、と楽しみにはしているのだが。

明日からは梅雨前線が上がってきて、このあたりもぐずついた空模様になりそう。早くすっきりとした夏空のもと、鳥を探しに行きたいものだ。

本日確認できた野鳥
キジ(鳴き声)、カルガモ、カイツブリ(鳴き声)、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、トビ、カワセミさま(鳴き声)、モズ(鳴き声)、オナガ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ(鳴き声)、ヒバリ(鳴き声)、ツバメ、イワツバメ、ヒヨドリ、ウグイス(鳴き声)、メジロ(鳴き声)、オオヨシキリ(鳴き声)、セッカ(鳴き声)、ムクドリ、スズメ、ハクセキレイ、カワラヒワ、ホオジロ(鳴き声)、コジュケイ(鳴き声)、ドバト、ワカケホンセイインコ(鳴き声)、ガビチョウ(鳴き声) 以上32種(2018TOTAL146種)

御塔坂~多摩川~浅川合流地点~御塔坂 自転車28.21km 高度30~66m
20180617.jpg

5D1A8738t.jpg
↑ イワツバメはけっこう飛び交っていた。
5D1A8484t.jpg
↑ 浅川で見かけたカルガモ。今日は水辺の鳥も少なかった。
5D1A8505t_201806180013145a5.jpg
↑ 合流地点の河原にて。カワウとサギが集まっているのを遠目に見た。
5D1A8814t.jpg
↑ 本日の猛禽はトビだけ。ミサゴやオオタカはどこにいるのだろうか。
5D1A8539t.jpg
↑ 道すがらくちばしの立派なハシブトガラスがいた。
IMG_0512.jpg
↑ 河原へと歩いていくと、周りでウグイスやコジュケイ、キジが鳴いた。
IMG_0509.jpg
関連記事

スポンサーリンク