FC2ブログ
スポンサーリンク


2018.12.31 2018野鳥まとめ
皆さま、おつかれさまです。早いもので、今年もあと4時間ばかりで終わろうとしています。

思えばこれが平成最後の大晦日。月日が経つのは早く、平成が始まる30年前はかわいい(?)小学生だったわたしをいいおっさんにしてくれました。時の流れは年々加速していく印象ですが、日々精進、時は金なり、千里の道も一歩から――。加齢にあらがい、とにかくがんばるしかないでしょう。

人生の抱負はそれくらいにして、昼間、深大寺でそばを食べて手も合わせてきたので、年末発表してきた野鳥ランキングで今年を締めくくります。これは私個人の記憶と主観によるもので、2018年をふりかえりながらその鳥と出会った瞬間のインパクト、そしてシチュエーションの思い出深さから20位から1位までを順にピックアップしました。いちおう申し上げておくと珍鳥ランキングではありません。

昨年は15位まで発表していて、今年は5種ぶん増えたことになります。絞るのに窮するほど、いろいろな鳥たちとのすばらしい出会いがあったということでしょう。それぞれに個性があって魅力的な野鳥たちですが、鳥との出会いをさらに引き立たせるのは、そこに至るまでの過程と、まわりの環境であるような気がしています。

7月の炎天下、山陰の標高1,700メートルで見たつがいのハヤブサは忘れられませんし、まだ暗いなか東北の極寒にふるえながら見たマガンやハクチョウの飛び立ちもすばらしいものでした。これから始まる2019年もそうした多様な環境を楽しみつつ、鳥や動物との出会いを求めていきたいものですね。

では、皆さま、来年も良い年を!

IMG_7676.jpg
↑ ランキングの前にちょっと宣伝を。だるチャンプロデュースの正月屋台が、深大寺山門前にあるそば屋「門前」さん前に出ます。元旦から1月14日までここで営業するとのこと(9日、10日は休み)。
IMG_7674.jpg
↑ 招福鳥来(?)のカワセミだるまもぜひご覧になっていってください。カワセミだるまの製造販売元、問合先はだるチャンプロデュース
icon_1r_64.png
2018野鳥観察種リスト(観察できた種を赤でチェックしています)
合計173種 ←途中で数え違いがあったようで最終的にこの数でした。

【20位】サンコウチョウ御来鳥 @東京、神奈川
20a5D1A4331t.jpg
↑ 5月、まだひとのいない早朝の林道で出会ったサンコウチョウ。初夏の静寂のなか、森に響くあの声はいいものである。

【19位】キョウジョシギ御来鳥 @千葉
19a5D1A5404t.jpg
↑ 夏の朝、南房総の海岸線をドライブしていて、波間を飛ぶその姿がたまたま目に入ってきた。ちなみに一番後ろにいるのはメダイチドリ。

【18位】カオグロガビチョウ御来鳥 @東京
18a5D1A1395t.jpg
↑ あきる野の公園周辺に局地的に生息していて、だいたい半々の確率で会える鳥。鳴き声が特徴的なこともあって、探して楽しい鳥である。今年も真夏の炎天下に会うことができた。

【17位】ハヤブサ御来鳥 @鳥取、秋田、佐賀、東京
18a5D1A4517t.jpg
↑ この日もとにかく暑かった。標高1,700メートル、伯耆大山の山頂で思いがけず出会ったハヤブサである。遠くなり近くなりしながら2羽が飛び交っていて、食料を空中で投げ渡すシーンも見られた。

【16位】オオアカゲラ御来鳥 @東京、北海道
17a5D1A5144t.jpg
↑ 木をつつくドラミングの音が小さく、コゲラだろうと思ったらオオアカゲラで驚いた。胸に特徴的な縦線が入っている。奥多摩の御岳山と、あとは北海道の然別湖畔でも見ることができた。

【15位】イスカ御来鳥 @山梨
16a5D1A9679t.jpg
↑ 高原の林道を歩いていると、イスカの群れが松ぼっくりの実を食べていた。かけらや殻がパラパラと落ちてくるその音で、イスカの存在に気がつくことがある。

【14位】リュウキュウサンショウクイ御来鳥 @東京
a5D1A2222t.jpg
↑ この鳥とも思いがけず遭遇。わずか数秒のチャンスだったが、珍しく即座に反応することができた。

【13位】クロサギ御来鳥 @福岡、千葉
14a5D1A9460t.jpg
↑ 福岡の志賀島や、千葉の漁港で見かけたクロサギ。ふだん内陸のほうに住んでいるので、たまに離島などで鳥を探すのは刺激があって楽しい。見たい海鳥はまだたくさんいる。

【12位】トラツグミ御来鳥 @東京
a5D1A2388t.jpg
↑ ひとけのない林道で、木立の奥にいるのをぎりぎり捉えた。このあと2羽で林道に出てきてミミズを食べていた。

【11位】ショウドウツバメ御来鳥 @北海道
13a5D1A9335t.jpg
↑ 道南の河口付近でツバメの群れに交じっているのをたまたま見つけた。来年はまだ見たことのないツバメを探してみたい。

【10位】クマタカ御来鳥 @栃木、東京
12a5D1A7596t.jpg
↑ 栃木のダム湖で見かけたクマタカ。この日も炎天下だった。奥多摩でも見かけることがあるが、その優雅で力強い飛翔にはいつも惹きつけられる。

【9位】ササゴイ御来鳥 @兵庫、熊本
11a5D1A3593t.jpg
↑ 真夏、神戸のビーチを歩いていて思いがけず遭遇。漁に熱中していて、次々に魚をのみこんでいった。

【8位】ヤマセミさま御来鳥 @東京、佐賀など
10a5D1A4180t.jpg
↑ 今年もちょくちょく参拝できて感謝の一言。台風などのあとに安否確認のため見に行くこともある。今年一年、佐賀のヤマセミさまも奥多摩のヤマセミさまも個体数は安定していた印象。

【7位】ハクガン御来鳥 @秋田
a5D1A6298t.jpg
↑ ガンカモ類の飛び立ちやねぐら入りが好きで、今年は秋田のほうまで足を延ばしてみた。早朝、一斉に飛び立っていく姿はとても清々しい。

【6位】ハチクマ御来鳥 @東京、滋賀
a5D1A8300t.jpg
↑ 高尾の林道では初めてハチクマを見かけた。そろそろパトロールを切りあげようとしていた夕方で、たいへん印象的な出会いだった。

【5位】コミミズク御来鳥 @長野
a5D1A9917t.jpg
↑ この日もやたらと寒かった記憶がある。ふわりふわりと舞うコミミズクの姿は優雅で神秘的ですらある。

【4位】イヌワシ御来鳥 @滋賀
a5D1A6449t.jpg
↑ 標高1,300メートル付近で見たイヌワシである。このときもそろそろ撤収しようかという夕方の出会いだった。最後まであきらめず、できるだけ粘ってみるものである。

【3位】ハマシギ御来鳥 @佐賀
a5D1A6482t.jpg
↑ 満潮の時刻、ふるさと有明海の干潟で。渡りの時期、ここで見るシギチドリは種類、ボリュームともに圧倒的である。幼少の頃は祖父に連れられ、このあたりの川で釣りをしたり投網を打ったものだ。

【2位】ヤマゲラ御来鳥 @北海道
2a5D1A0079t.jpg
↑ 夕暮れ時の湖畔、ヤマゲラともタイムリミットぎりぎりに会うことができた。北海道の自然はやはり素晴らしく、次はクマゲラ、いずれはミユビゲラも見てみたい(遠い目標です)。このときは札幌の友人と温泉めぐりをしながらの楽しい旅だった。

【1位】キレンジャク御来鳥 @広島
1a5D1A9974t.jpg
↑ 今年のランキング1位はこれかな。未確認生物ヒバゴンの足跡を求めて比婆山系を訪ね、標高1,225メートル、雪に覆われた烏帽子山のてっぺんでたまたま出会ったキレンジャクである。おそらくヒバゴンの生まれ変わりに違いない。このときもアイゼンを使ってトレースのない雪の斜面を直登したり、落としたカメラバッグが斜面を転がり落ちていったりして肝を冷やした。たいへんな思い出があるぶん記憶にも刻まれる。

スポンサーリンク

2017.12.31 2017野鳥まとめ
皆さま、今年もありがとうございました。

本年のパトロールとカワセミさま参拝を終え、今年まだやり残している仕事はBooklive!で半額セール中の「賭博黙示録 カイジ」をまとめ読みすることくらいになりました。このマンガと「インベスターZ」あたりは、世の中の仕組みを知るうえでのヒントになるのでしっかり読んでいます。

いきなり話がそれました。

過去2回、大晦日に勝手に発表している野鳥ランキングを今年も掲載します。一年間で出会った200種あまりの鳥とはそれぞれ思い出があって、断腸の思いでどうにかこうにか15種を選びぬきました(おおげさ)。

思えば、6年ほど前にバードウォッチングを始めるまでは、野鳥に興味はなく、休日になると朝っぱらから缶チューハイをあけるような生活を送っていました。

そんなある日の夕方、近所を流れる野川沿いをたまたま散歩したこと、挨拶したおやじさんが「この先にカワセミいたよ」と教えてくれたこと、さらにそのカワセミさまが本当にいてくれたことが、アル中一直線(?)の人生からわたしが立ち直るきっかけとなったのです。

そうした感謝の思いを忘れぬように、いまもこの鳥には「さま」と敬称をつけて書いています。それに、勝手に商品化して販売したりもしてますし(販売元、問合先はだるチャンプロデュース)。カワセミさまとの出会いの延長上にこれらの鳥との出会いや旅があると思うと、いくら感謝してもしきれません。

そのカワセミさまは殿堂入りとして、2017年のランキングの発表です。これは珍鳥ランキングではなく、個人的に記憶に残った鳥や遭遇シーンを並べたものであることをお伝えしておきます。

冒頭に【番外】としたのは、後に正体がわかったアカハラダカと、いまだ正体のよくわからない野鳥です。4月、沖縄県大宜味村にあるオクラレルカ畑にいた鳥で、ジシギのなにかだろうと思うのですが。

また、ヤイロチョウは四国山中で鳴き声を確認したのみで、iPhoneで録音した声だけのご出演といたします。

確認できた種のリストにこれらをおまけして加えると、今年は一年間で208種の鳥を見たことになります。ちなみに来年のテーマは、これ以上の種数を目指して猪突猛進するのではなく、人生でまだ見たことのない鳥をすこし意識して探してみようかなと考えたりしています。

では、皆さま良いお年を! 招福鳥来、来年もよろしくお願いいたします。

icon_1r_64.png
2017野鳥観察種リスト(観察できた種を赤でチェックしています)

【番外】アカハラダカ御来鳥 @四国山中
5D1A3851t.jpg
↑ 渓流沿いを歩いていると、小鳥を追いかけて飛び出してきてすぐに去っていった。かろうじてその姿を捉えることができ、図鑑やインターネットで調べたところオスのアカハラダカのようだ。眼が暗赤色をしていて特徴的。

【番外】???御来鳥 @沖縄 大宜味村
5D1A8371t.jpg
↑ 4月下旬、大宜味村の喜如嘉(きじょか)地区にあるオクラレルカ畑のそばで4~5羽が群れていた。気づいた瞬間に飛び立たれ、証拠写真はこの1枚のみ。白っぽい羽色やフレーム、場所、時期から推測すると、チュウジシギ、ハリオシギあたりではないかなと。ジシギの識別はむずかしい。

【番外】ヤイロチョウ御来鳥 @四国山中

20170528yairo2.mp3
↑ 5月下旬、まだ暗い早朝から山中にブラインド(迷彩テント)を張って待ったところ、ヤイロチョウが近づいてきた。渓谷の反対側にもう1羽いて、鳴きかわしていたようだ。が、推測あと20メートルというところでUターンして遠ざかっていった。来年こそリベンジしたい鳥のひとつ。

【15位】ヤマセミさま御来鳥 @佐賀の渓流、奥多摩、四国山中、新潟 奥胎内など
5D1A1749t.jpg
↑ 奥多摩や四国、ふるさと佐賀で今年も何回か見ることができた。ブラインドを張ってうたた寝していると、いつも突然鳴きながら飛んでくる鳥である。カワセミさまよりだいぶ大きく、食べる魚のサイズも大きい。

【14位】シマアジ御来鳥 @野川
5D1A6934t.jpg
↑ 今シーズンも野川を訪れてくれたことに感謝したい。ひと時、コガモの奥さんができたといううわさもあったが、どういうわけか最近はその彼女の姿を見ない。出会いや別れ、カモの間にもいろいろあるのだろう。

【13位】ハイイロチュウヒ御来鳥 @茨城 妙義ノ鼻
5D1A7933t_convert_20170220232514.jpg
↑ 台風のような強風のなかで飛沫を浴びながら待ち、暗くなったころにようやくハイイロチュウヒが現れた。ひどい悪天候のなかでなんとかギリギリ確認できた鳥は、記憶に刻まれてなつかしい。

【12位】イスカ御来鳥 @山梨 深沢林道
5D1A5948t.jpg
↑ 12位には、2年ぶりに確認できたイスカを挙げておきたい。くちばしが左右にずれているのは、松ぼっくりの実を取り出しやすくするためだろう。頭上にレンズを向けていると、食べのこしの殻が落ちてきた。

【11位】ウミスズメ御来鳥 @茨城 波崎新港
5D1A4342t_convert_20170211232535.jpg
↑ わたしの行動範囲だと山系、川系の鳥が多くなってしまうので、海鳥代表としてウミスズメをランキングに加えておきたい。銚子は海べりのいいところで、魚介類はうまいし海際の景色もきれいだった。ウミスズメのほかにもアビやクロガモ、アカエリカイツブリなどふだん見慣れない鳥も多く、近くまた再訪したい。

【10位】マガン御来鳥 @宮城 伊豆沼
5D1A8505t.jpg
↑ 10月下旬、マガンの飛び立ちを見るために昨年に続いて伊豆沼へ。本格シーズンにはまだ早かったが、早暁に数千羽が飛び立っていく景観はあいかわらず迫力があって感動的だった。その後、カリガネ探しは失敗した。

【9位】ベニマシコ御来鳥 @北海道 釧路湿原、奥多摩、多摩川など
5D1A3206t.jpg
↑ ベニマシコといえばこのあたりでは冬鳥だが、北海道や下北半島では夏鳥であることを初めて知った。ふだん冬に見ている鳥を夏に見るという経験はたぶん初めてで、ぜいたくなものだった。

【8位】キクイタダキ御来鳥 @東京 雲取山、御岳山、大阪城公園など
5D1A3898t.jpg
↑ 3月、まだ雪深い時期に雲取山に登った。東京の最高峰、標高2017mの山である。途中で引き返すひとが多かったらしく、この日、山小屋にたどり着いたのは4名だけ。過酷といえば過酷だが、鳥も景観もずっと独占状態でエンジョイできた。

【7位】オオワシ御来鳥 @滋賀 山本山
5D1A8891t_convert_20170225205656.jpg
↑ 昨年は時期がギリギリずれて見逃してしまったが、山本山に毎年冬場に飛来するメスのオオワシをようやく確認。ここがオオワシの定期飛来地としては南限とのこと。今年も11月26日に飛来したそうで、同じ個体ならばちょうど20年連続となるらしい。このまま長寿を保ってほしい。

【6位】アカショウビン御来鳥 @新潟 奥胎内、四国山中など
5D1A6401t.jpg
↑ 夏の風物詩、アカショウビン。今年もなんとか見ることができて、5年連続の出会いとなった。姿が美しいことはもちろん、森のなかに静かに響きわたる声がとてもいいと思う。

【5位】クマタカ御来鳥 @東京 梅の公園、奥多摩
5D1A4716t.jpg
↑ 9月中旬、青梅までタカの渡りを見に行き、ひとがいなくなったころに1羽のクマタカが上空をゆうゆうと通過していった(クマタカは留鳥)。いつ見てもこの鳥の大きさ、力強さには惹かれる。7月上旬、奥多摩周遊道路でも2羽のクマタカを見ることができた。

【4位】アカコッコ御来鳥 @東京 三宅島
5D1A4238t.jpg
↑ 学生時代に友人たちと三宅島を訪ねたことがあるが、そのころは野鳥にまったく興味がなかった。噴火を経て約20年ぶりに訪れた島で、アカコッコやカラスバト、ウチヤマセンニュウといった島固有の鳥を見ることができた。ハシボソミズナギドリやオオミズナギドリなど、フェリー航路にもさまざまな鳥が出没してくれた。

【3位】ヤンバルクイナ御来鳥 @沖縄 国頭村
5D1A7824t.jpg
↑ 沖縄本島の北部、やんばるの森でド早朝に確認。NHK BSプレミアム「ワイルドライフ」では、ヤンバルクイナが天敵のハブを避けるために樹に登って眠る様子や、カタツムリの殻を石に叩きつけて割って食べる様子が放送された。ヤンバルクイナのほか、アカヒゲやノグチゲラ、そして120cmくらいのハブを見ることができた。

【2位】イワヒバリ御来鳥 @山梨 県道218号
5D1A6092t.jpg
↑ つい先日の12月10日、山梨の山間を歩いていて偶然遭遇。ふだんはもっと標高の高い場所にいるはずの鳥なので、最初はカヤクグリかなにかだと勘違いした。予想しない種と突然出会うと、驚きや喜びもひとしお。来年は標高の高いところに行ってホシガラスやひさびさにライチョウを見たいなあ、と思う。

【1位】ブッポウソウ御来鳥 @東京 奥多摩、三宅島、四国山中
5D1A37921t.jpg
↑ よく知られた長野県栄村で見たことはあったものの、今年はそのほかの3か所でブッポウソウを確認することができた。特に7月上旬、暑いさかりの奥多摩周遊道路でこの鳥に出会えたことは意外だった。東京にまだブッポウソウがいることがわかってうれしかったのでランキング1位とします。

スポンサーリンク