スポンサーリンク


5D1A2956t.jpg

午前中、多摩森林科学園(八王子市)を一周したあと、路線バスで10分ほど移動して八王子城跡でさらにねばった。

連日のかんかん照りでなんとなく良い予感はなかったが、案の定、どこもかしこも鳥影は薄かった。こうもいきなり夏日になっちゃうとねぇ……。

かろうじて多摩森林科学園で確認できたのは、キビタキとイカル、あとはいつもどおりヒヨドリやシジュウカラなど。キビタキはたぶん延べ10羽くらいはさえずっていただろう。

八王子城跡では15時以降、ほぼ30分~1時間おきにサンコウチョウの声を聞いたものの、緑が深すぎて姿がなかなか見えない。木々の奥に一瞬だけメスの影をみたのだが、ちょっとあやしいのでノーカウントに。

んで、たいした収穫もないまま深大寺にもどり、だるチャンプロデュースの頭領と打ち合わせ。

このたび国宝指定をうけた深大寺白鳳仏の話題や、かわせみだるまの売上げ、羊毛フェルトの新商品の話も。お求めいただいている皆さま、いつもありがとうございます。

※商品の発売元・問合先は、だるチャンプロデュース http://daruchan.com

本日確認できた野鳥
キジバト、アオバト(鳴き声)、コゲラ、アオゲラ(鳴き声)、サンコウチョウ(鳴き声)、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヤマガラ(鳴き声)、シジュウカラ、ツバメ、イワツバメ、ヒヨドリ、ウグイス(鳴き声)、エナガ(鳴き声)、ムクドリ、クロツグミ(鳴き声)、キビタキ、オオルリ、スズメ、セグロセキレイ、イカル、ドバト、ガビチョウ 以上23種(2017TOTAL151種)

高尾駅~多摩森林科学園~八王子城跡
20170521.jpg

IMG_7532.jpg
↑ 近日発売される2017'夏の新作。乞うご期待! ©️かわせみだるま
5D1A2966t.jpg
↑ 八王子城跡でさえずるオオルリ。お気に入りのいつもの枝で。
5D1A2983t.jpg
↑ 夕方、ガビチョウが水浴びに出てきた。
IMG_7507.jpg
↑ 昼すぎ、多摩森林科学園にて。ちょっと暑すぎ。
IMG_7513.jpg
↑ 八王子城跡では、通行止めになっている箇所もあった。
IMG_7521.jpg

スポンサーリンク

5D1A2855t.jpg

野鳥写真家・戸塚学先生のトークイベントがあったので、14時半からの回を予約して品川方面へ。

しかし、朝のうちに寄り道した東京港野鳥公園(大田区)からのバスの連絡をしくじり、けっきょく品川駅東口にあるキヤノンプラザにはたどりつけなかった。隣接する大田市場前のバス停は、目立たないうえに日によって位置がかわったりしてまぎらわしいんだよねえ、本数もすくないし。

楽しみにしていた講演を聞けなかったのは痛恨のミスだったが、野鳥公園ではアカガシラサギにキョウジョシギ、コアジサシと今シーズン初見の種をトリプルで確認できた。

アカガシラサギは夏羽に換羽中の成鳥で、レンジャーさんによるとここでも今シーズン初認とのこと。最初はネイチャーセンターから距離のある池の対岸にいて、13時前、たまたまこちらに飛んできてくれたところをガラス越しにパチリ。ネイチャーセンターをかすめたあとは、東淡水池のほうの葦の茂みあたりをうろうろしていた。

また、ネイチャーセンター前に広がる潮入りの池の干潟では、チュウシャクシギ約10羽にキョウジョシギ、さらにキアシシギとコチドリもそれぞれ複数確認できた。

渡りのキビタキとオオルリは抜けたもようで、今日は鳴き声すら聞けなかった。

本日確認できた野鳥
カルガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カイツブリ、キジバト、カワウ、アカガシラサギ(今年初見)、アオサギ、ダイサギ、コサギ、ヒメアマツバメ、コチドリ、キアシシギ、キョウジョシギ(今年初見)、コアジサシ(今年初見)、コゲラ(鳴き声)、オナガ(鳴き声)、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ、イワツバメ、ヒヨドリ、セッカ(鳴き声)、ムクドリ、スズメ、ドバト 以上26種(2017TOTAL151種)

歩行距離9.57km 高度-3~15m
20170520.jpg

5D1A2897t.jpg
↑ 13時すぎ、東淡水池にてアカガシラサギ。
5D1A2637t.jpg
↑ 2号観察小屋からレンズを向けたチュウシャクシギの群れ。
5D1A2620t.jpg
↑ キアシシギも3~4羽ほど確認しただろうか。
5D1A2784t.jpg
↑ キョウジョシギとキアシシギのツーショット。このあとキアシシギに小突かれていた。
5D1A2930t.jpg
↑ コチドリと目線が合った?
5D1A2911t.jpg
↑ 潮が引いたころ、ハシブトガラスがご馳走にありついていた。
5D1A2551t.jpg
↑ コアジサシも例年どおり御来鳥。水面へのダイブを繰り返していた。
5D1A2918_convert_20170520190825.jpg
↑ そしてカワウやアオサギ、コサギの数が多かった。
5D1A2934t.jpg
↑ イワツバメ、ツバメ、ヒメアマツバメが珍しくそろい踏み。
IMG_7483.jpg
↑ ネイチャーセンターと潮入りの池。日中は真夏のような日差しだった。
IMG_7486.jpg
↑ 2号観察小屋から潮入りの池を望む。干潟にチュウシャクシギやキアシシギ、コチドリがいた。
IMG_7479.jpg

スポンサーリンク