FC2ブログ
スポンサーリンク


5D1A1742t.jpg

今日はひと仕事終えて、14時すぎからパトロールに。

樹々の奥でさえずっているキビタキを探していると、15時すぎ、双眼鏡の先にたまたまオオタカがいた。胸に褐色の縦斑があるので、おそらく生後一年以内の幼鳥だろう。

「雉も鳴かずば」じゃないけれども、比較的近くても鳴いたり動いたりしてないと気配がまったく感じられない。葉が生い茂ってきているなか、まるで森のなかのお地蔵様である。見つけられてラッキーだったな、と思うと同時に、ふだん惜しくもニアミスしている野鳥もきっと多いのだろうなと。

一方、目的のキビタキはとうとう姿を見せないまま遠ざかり、このあとは武蔵野の森公園を経て野川のすこし下流のほうに。

川沿いに生えたヨシのなかで、ギョギョシギョギョシとさかんにさえずっていたのはオオヨシキリ。ここで確認するのは今シーズン初だ。しかし、キビタキ同様、この鳥もなかなか表に出てきてくれず、17時すぎ、急に肌寒くなってきたので現場を去る。オオヨシキリとキビタキはまた次の機会に。

本日確認できた野鳥
カルガモ、キジバト、アオサギ、バン、オオタカ、カワセミさま、コゲラ(鳴き声)、アオゲラ(鳴き声)、オナガ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ(鳴き声)、ヒバリ(鳴き声)、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス(鳴き声)、オオヨシキリ(鳴き声)、セッカ(鳴き声)、ムクドリ、キビタキ(鳴き声)、スズメ、カワラヒワ、シメ(鳴き声)、ドバト、ワカケホンセイインコ、ガビチョウ(鳴き声) 以上26種(2019TOTAL148種)

マクドナルド東八道路野崎店~野川公園、武蔵野の森公園周辺 自転車6.01km 高度55~67m
20190512.jpg

5D1A1777t.jpg
↑ よっこら。
5D1A1778t.jpg
↑ しょっと。
5D1A1797t.jpg
↑ 夕方、武蔵野の森公園にてバン。周囲、ツバメの数が増えてきた。
5D1A1836t.jpg
↑ 本日の御神体。オオヨシキリが表に出てくるのを待っていると、思いがけず近くに飛来された。
IMG_2996.jpg
↑ 日中は暑くなって水遊びの子どもたちが多くなった。
IMG_3016.jpg
↑ 夕方になると急に寒くなってくる。調布飛行場の北、武蔵野の森公園にて。
IMG_3011.jpg

スポンサーリンク

5D1A1560t.jpg

午後、ほんの1時間ほどご近所をまわった。

野川から自転車で数分、国立天文台(NAOJ)三鷹キャンパスの雑木林でさえずっていたのはキビタキ。こりゃ待てば見られるかも、と倒木に腰をおろしたが、その声はゆっくりと遠ざかっていった。

また、この時期にシメ数羽も樹上でチッ、チッとしきりに鳴いていた。北へ渡っていく途中のグループだろうか。

そのほかシジュウカラやエナガちゃんの小群、アオゲラ2羽をちらっと確認して14時すぎに撤収。同じ通りにある魁力屋で味玉ラーメンを食べたあと、向かった先は調布駅前のシアタス調布。

けっこう面白いぜ、と友人に勧められた映画「キングダム」を見に行ったのだ。これまでの経験でいえば人気マンガの邦画実写版はがっかりするケースのほうが多いが、この作品はたしかにかなりクオリティーが高くて個人的評価83点。

舞台は紀元前、戦乱の世が続く中国大陸。キャスティングとアクションシーンがすばらしく、特に山の民の長である楊端和(長澤まさみ)、大将軍の王騎(大沢たかお)などはむしろ出色の出来栄えじゃないかと。特殊メイクやCGを駆使して再現した刺客団、朱凶や超巨漢ランカイの不気味さと存在感がまた真に迫っていてよかった。

これは定期的に続編もいけるでしょ。マンガともども期待。



本日確認できた野鳥
コゲラ(鳴き声)、アオゲラ、オナガ(鳴き声)、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス(鳴き声)、エナガちゃん、メジロ(鳴き声)、ムクドリ、キビタキ(鳴き声)、スズメ、シメ(鳴き声)、コジュケイ(鳴き声)、ガビチョウ(鳴き声) 以上15種(2019TOTAL147種)

国立天文台三鷹キャンパス~シアタス調布 自転車、徒歩4.65km 高度29~45m
20190511.jpg

IMG_2959.jpg
↑ 国立天文台のエントランス。受付で申請すれば敷地内の一部を見学させてくれる(無料)。
IMG_2967.jpg
↑ 敷地の一角にある大赤道儀室。
IMG_2971.jpg
↑ 巨大な天体望遠鏡が展示されている。
IMG_2972.jpg
↑ ブラックホールの缶バッジもガチャガチャで早速販売されていた。
IMG_2973.jpg
↑ 奥には気持ちのいい草っぱらも。
IMG_2979.jpg
↑ 夕方、調布駅前にあるシアタス調布にて。
IMG_2987.jpg

スポンサーリンク