スポンサーリンク


5D1A2295t.jpg

夕方、深大寺で手を合わせてから近所をかるくパトロールした。

昨日から雨が降ったりやんだりしていて、天気はいまいち。しかも、どこも鳥が少ない! まあ、この時期はこんなもんか。

可能性のありそうなクイナ、ヨシゴイを意識して狙ったが、クイナの「ク」の字もちらつかなかった。こういう天気のときのほうが出てきそうな気はするんだけどねえ。

エナガちゃんとシジュウカラの群れは、蚊にさされながら多磨霊園で。かゆいよう。

暗くなってきた18時に引き上げ、帰路、野川沿いの深大寺温泉でビールを飲んで一日を〆た。

本日確認できた野鳥
カルガモ、キジバト、アオサギ、バン、オナガ(鳴き声)、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ(鳴き声)、エナガ、セッカ(鳴き声)、ムクドリ(鳴き声)、スズメ、ドバト 以上15種(2017TOTAL194種)

自転車14.3km 高度37~51m
20170811.jpg

5D1A2250t.jpg
↑ 17時ごろ、武蔵野の森公園にて。カルガモの群れとアオサギのほかは、ツバメが3~4羽にバン親子を見かけた。
IMG_9435.jpg
↑ 深大寺近くの水生植物園も鳥影はまばら。
IMG_9448.jpg
↑ そして、野川公園の自然観察園にも鳥影はなく。
IMG_9441.jpg
↑ お盆の帰省中のようで、野川のカワセミさまもご不在。
IMG_9416.jpg
↑ 天気がいまいちだったためか、深大寺はいい按配にすいていた。
IMG_9438.jpg
↑ 15時ごろ、参道にて。
IMG_9423.jpg
↑ 参道のそば屋の横にある亀島弁財天池。居残りのマガモも今シーズンは見ていない。
IMG_9454.jpg
↑ そして深大寺天然温泉「湯守の里」へ……。

スポンサーリンク

5D1A1242t.jpg

早朝5時すぎに起きるとザアザア降りの雨で、おとなしく二度寝したあと地元パトロールをすることに。

しかし夏場のこの季節、しょっぱなから鳥はいないだろうなあと予測しつつ自転車をこいだのだが、本当にほとんど鳥がいなかった。

15時すぎに寄ってみた野川公園の自然観察園でも、木道をぐるりと一周してシジュウカラ、コゲラの1羽も見なかったのだからすさまじい。カラスの一声さえ聞こえず、ひたすら蝉がジージー鳴くのみという砂漠のような状態だった。

かろうじて、その前に寄った武蔵野の森公園の修景池にバン親子やカルガモの群れがいたのでアップしておきたい。

野川では、カルガモやアオサギのほかは、ゴイサギ1羽に、カワセミさまも1羽。まわりに誰もいないなか、カワセミさまはやらせ枝(誰かが設置した人工枝)にぽつんととまって、むしろギャラリーを待っているようにさえ見えた。

パトロールを終えて一句。

夏草のしげりて遠し鳥の影   南行

本日確認できた野鳥
カルガモ、キジバト、ゴイサギ、アオサギ、バン、カワセミさま、オナガ(鳴き声)、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ツバメ、イワツバメ、ヒヨドリ(鳴き声)、セッカ(鳴き声)、ムクドリ、スズメ、カワラヒワ(鳴き声)、ホオジロ(鳴き声)、ドバト、ワカケホンセイインコ(鳴き声)、ガビチョウ(鳴き声) 以上20種(2017TOTAL184種)

自転車利用13.6km 高度39~49m
20170730.jpg

5D1A1197t.jpg
↑ バンの若鳥もだいぶ成長してくれた。武蔵野の森公園にて。
5D1A1249t.jpg
↑ 池を一周して親鳥も2羽ほど見かけた。若鳥からはすこし離れていた。
5D1A1266t.jpg
↑ 16時すぎ、野川でじっと羽を休めるゴイサギを見かけた。
5D1A1191t.jpg
↑ 誰かが設置したやらせ枝にとまったカワセミさま。
IMG_8978.jpg
↑ 昨日の増水でたおれた葦を座布団にしてカルガモがくつろいでいた。
5D1A1152t.jpg
↑ アオダイショウが前を横ぎっていった。
IMG_8986.jpg
↑ 夏草の茂った武蔵野公園。
IMG_8984.jpg
↑ これは調布飛行場の北側、武蔵野の森公園の修景池。
IMG_8999.jpg

スポンサーリンク