スポンサーリンク


5D1A4180t.jpg

渋滞に巻き込まれることなく、案外スムーズに奥多摩をドライブしてきた。

クマタカをさくっと見つけて午後はどこか未踏の地にアタックしよう、と目論んでいたが、けっきょく奥多摩周遊道路に張り付くことに。10時すぎと11時半に飛んだクマタカを捉えられず、駐車場をあとにする15時までまたしても大きな収穫は得られなかった。たっぷり粘ったのにぐやじい。

惨敗に終わったその帰路、窓を開けて川沿いを徐行していると、キビタキやセンダイムシクイのさえずりに交ざってかすかに聞こえたのはヤマセミさまの声。そこで、そろりそろりと渓流におりて隠れていると、夫婦と思われる2羽が姿を見せてくれた。

1羽になったり2羽になったりしながら上流と下流を行き来しておられ、暗くなってきた17時25分、たまたま近くの枝にとまったのを撮ったのが上の一枚。枝と葉がざわざわと風に揺れていて、瞬間、そのわずかな隙間から背中が覗いた。

このあたりの林で鳴いていたほかの野鳥は、イカルやガビチョウ、クロツグミ、キビタキなど。さらに帰り際、森の奥からはツツドリの声も。5月に入り、だんだんと夏鳥の気配が濃くなってきた印象だ。

また、渓流にはオシドリとカワウ、そしてカワセミさまの姿もあった。野川や井の頭公園では最近見てないので、カワセミさまを参拝できたのは実に数週間ぶりかもしれない。

本日確認できた野鳥
オシドリ、カイツブリ(鳴き声)、キジバト、カワウ、アオサギ、ツツドリ(鳴き声)、トビ、クマタカ(今年初見)、カワセミさま、ヤマセミさま、コゲラ(鳴き声)、アカゲラ(鳴き声)、カケス(鳴き声)、ハシブトガラス、ヒガラ、シジュウカラ、ツバメ、イワツバメ、ヒヨドリ、ウグイス(鳴き声)、ヤブサメ(鳴き声)、エナガちゃん、ムクドリ、クロツグミ(鳴き声)、キビタキ(鳴き声)、オオルリ(鳴き声)、スズメ、カワラヒワ、イカル(鳴き声)、ホオジロ(鳴き声)、ドバト、ガビチョウ(鳴き声) 以上32種(2018TOTAL138種)

青梅市内~秋川渓谷~奥多摩~青梅市内 車101.4km 高度170~1148m
20180504.jpg

5D1A4161t.jpg
↑ 17時半、渓流でアオサギと藤。
5D1A4154t.jpg
↑ オシドリを遠目にちらっと。
5D1A3973t.jpg
↑ 午前中、月夜見第一駐車場から見たトビ。
5D1A3992t.jpg
↑ これは10時すぎに飛んだクマタカ。ボンジュールすっぽ抜けてボケボケ。
5D1A3978t.jpg
↑ 空に抜け、あっという間に遠ざかっていった。
5D1A4113t.jpg
↑ 待ちくたびれて退屈していると、ヒガラやシジュウカラが遊んでくれた。
5D1A4009t.jpg
↑ 12時半ごろ、アメリカの軍用機が通過。10機ほどが連なって南下していった。
5D1A4092t.jpg
↑ クマタカも次はこれくらい近くを飛んでほしい。
5D1A4107t.jpg
↑ 湖の対岸、はるか山頂に見えるのは雲取避難小屋?
5D1A4108t.jpg
↑ これは鷹ノ巣山かな? 先日登ったばかりだが自信なし。
IMG_8600.jpg
↑ 奥多摩周遊道路の標高約930m地点にある月夜見第一駐車場にて。日が陰ったり風が吹いたりするとさすがに肌寒かった。
IMG_8587.jpg
↑ 眼下に奥多摩湖を望む。
IMG_8604.jpg
↑ 本日のおしゃれランチは、ワゴン販売されていたたこ焼き2パック。
IMG_8642.jpg

スポンサーリンク

5D1A2894t.jpg

7時すぎに奥多摩駅に着き、新緑鮮やかな東日原(ひがしにっぱら)の集落とその先の林道を歩いた。

昼はすっかり夏の陽気になって、Tシャツ一枚になっても汗がしみた。虫も増え、そろそろ蚊取り線香とスプレーの出番だなと。また、ヘビやヒキガエルなんかも出没する頃だろう。

日原川沿いの街道を歩いていると、オオルリとセンダイムシクイ、ヤブサメがあちこちでさえずっていた。そして14時すぎには、森の奥からツツドリの声も。キビタキとクロツグミは確認できなかったが、奥多摩にも夏鳥たちが続々と到着しているようだ。

集落から約2km、日原鍾乳洞あたりの渓流から聞こえてきたのはミソサザイのさえずり。木々の間から垣間見える流れには、カワガラスの影もちらついた。

一方、12時すぎと14時半に舞った猛禽は、遠すぎてけっきょく正体不明。そのほか、聞きなれぬ声で鳴いていたのはイカルだろうか。ガビチョウがあちこちにいて、ウグイスやキビタキ(?)などいろいろ真似て鳴くものだからまぎらわしい。

16時すぎのバスで奥多摩駅に戻ると、暑いのをさけてか巣づくりの下見か、ツバメたちが駅舎のなかでじっと羽を休めていた。

本日確認できた野鳥
キジバト、ツツドリ(鳴き声)、コゲラ(鳴き声)、アオゲラ(鳴き声)、カケス、オナガ(鳴き声)、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヤマガラ、ヒガラ、シジュウカラ、ツバメ、イワツバメ、ヒヨドリ(鳴き声)、ウグイス(鳴き声)、ヤブサメ(鳴き声)、センダイムシクイ、ミソサザイ、カワガラス、オオルリ、スズメ、キセキレイ、カワラヒワ、ホオジロ、ガビチョウ(鳴き声) 以上25種(2018TOTAL136種)

一原バス停~東日原~一原バス停 徒歩16.82km 高度588~777m
20180421.jpg

IMG_8132.jpg
↑ 奥多摩駅の改札脇にツバメがいた。
5D1A2956t_201804212205095d5.jpg
↑ 日原街道を歩いているとあちこちからオオルリのさえずりが聞こえてきた。
5D1A2964t.jpg
↑ いつもどおりヒガラやヤマガラも多かった。
5D1A2900t.jpg
↑ 身をかくしてるつもり(?)のカケス。
5D1A2932t.jpg
↑ 東日原の集落で見かけたホオジロ。
5D1A2916t.jpg
↑ 8時ごろ、集落のそばをイワツバメの群れが舞っていた。
5D1A3003t.jpg
↑ 正午すぎ、林道からずっと遠くに猛禽の影が。
5D1A2998t.jpg
↑ なにかをぶらさげていた。
5D1A3033t.jpg
↑ 日原街道にいたキセキレイ。同じ色の花が気になるご様子?
IMG_8079.jpg
↑ 東日原の集落と渓谷。
IMG_8087.jpg
↑ 稲村岩のあたりからは鷹ノ巣山への登山ルートがある。
IMG_8100.jpg
↑ 林道にて。新緑はきれいだが、虫の多い季節になった。
IMG_8110.jpg
↑ 途中、倒木が道をふさいでいた。
IMG_8108.jpg
↑ ミソサザイがさえずる渓流。
5D1A3011t.jpg
↑ まともに撮る間もなく、すぐ去ってしまった。
IMG_8129.jpg

スポンサーリンク