FC2ブログ
スポンサーリンク


5D1A1887t.jpg

早起きしてまだ暗いうちに奥多摩へ。早朝の渓谷は凍えるほどの寒さで、夏場あれだけうるさかった蚊やアブはまったく飛んでいなかった。

さらに、先の台風による影響が深刻で、斜面は倒木だらけ、しかも土砂崩れで地形も変わっていた。ずるずる足をすべらせつつ谷底までくだり、木陰にブラインド(迷彩シート)を張ったものの、ヤマセミさまの気配ないまま3時間。

もしかして台風で飛ばされちゃったかも、なんて不吉な想像をしながら引き上げると、下流のほうでその姿を遠目に見ることができた。川底が露出するほど上流は水量が少なかったので、魚のいる下流のほうに引っ越されたのかもしれない。

ヤマセミさまのほか、渓流沿いを中心に11kmほど歩いて確認できた水鳥は、おなじみのカワガラスやオシドリ、セグロセキレイなど。先日から連敗していたマガモもようやく発見できた。

その途中、ジョウビタキらしき鳴き声を一度だけ聞いたが、見つける前に民家のあたりで気配が消えてしまった。今シーズン初となりそうだったのに惜しい。

一方、ヤマガラとヒガラ、シジュウカラ、エナガちゃんなどの群れは道すがらところどころで確認。木々を飛び交うその群れを双眼鏡で追うと、キビタキのメスとアカゲラ、コゲラなどが交ざっていた。

猛禽はほとんどトビばかりで、対岸の枯木にとまった白っぽい鳥は距離が遠すぎて正体不明(下写真)。30分ほどもじっと動かず、その雰囲気と水辺に近いことから推測するとミサゴあたりだったろうか。

紅葉にはまだ早い印象で(1~2割ほどか)、暗くなってきた16時前にパトロールを終えた。

本日確認できた野鳥
オシドリ、マガモ、カルガモ、カワウ、トビ、カワセミさま(鳴き声)、ヤマセミさま、コゲラ、アカゲラ、アオゲラ(鳴き声)、カケス、ハシボソガラス、ヤマガラ、ヒガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、エナガちゃん、メジロ、カワガラス、キビタキ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ、ホオジロ(鳴き声)、アオジ(鳴き声)、ドバト、ガビチョウ 以上28種(2018TOTAL164種)

奥多摩 徒歩11.38km
20181021.jpg

5D1A1998t.jpg
↑ ようやくマガモを見つけることができた。
5D1A1959t.jpg
↑ 台風後の安否確認で、遠目にちらっと参拝。
5D1A1962t.jpg
↑ ご休息のようだったので手を合わせて辞去。胸の色からするとオスだろう。
5D1A2162t.jpg
↑ カワガラスとセキレイは渓流のあちこちを飛び回っていた。
5D1A2174t.jpg
↑ シジュウカラ、ヤマガラ、エナガちゃんの混群のなかにキビタキも。
5D1A2114t.jpg
↑ 対岸のずっと遠くにいた謎の猛禽。なんとなくミサゴっぽい。
IMG_5488.jpg
↑ 斜面は折れた枝や倒木だらけだった。
IMG_5454.jpg
↑ 土壌が流出して地形も変わっていた。何回かコケてすり傷だらけに。
IMG_5465.jpg
↑ 谷底の木陰に迷彩シートを張る。
5D1A1855t.jpg
↑ 本日の未確認生物かもっしー(カモシカ型)。すぐ逃げられてしまった。
5D1A2010t.jpg

スポンサーリンク

5D1A8942t.jpg

奥多摩の山間は、朝っぱらは晴れ、昼ごろから次第に曇っていった。撤収した16時すぎにはもう薄暗く、日が傾くのもずいぶん早くなったもんだなと。

今日歩いたルートは、初めての場所がほとんど。といっても、出没する鳥はいつもとさほど変わらず、カラ類の群れが多くてほかの鳥たちはたまに。

11時10分、青空を舞ったのはクマタカ。栃木の湖で先月見たばかりだが、その飛翔はいつ見ても悠々としていて美しい。クマタカは、稜線付近でしばらく旋回を繰り返し、やがて山の向こうに消えていった。

そこから山道を登った標高930m付近では、ヤマドリが道路脇の茂みのなかにいた。しかし、またしても先に感づかれたようでクッ、クッ、クッと鳴きながらその気配は斜面のうえへと遠ざかっていった。

このほか山道で見かけたのは、カケスとホオジロがそれぞれ10羽ほどにキバシリ1羽など。途中、上空を通過していった謎の鳥影があって、大きさと形からしてイカルだったような?

夕方、帰りがけに通りかかった渓流沿いでは、イワツバメの群れがはるか上空を舞っていた。その様子を双眼鏡で眺めていると、ヤマセミさまが対岸を鳴きながら通過していった。ひとも少なくなって、夕食の時間だったろうか。

そのあと青梅線と中央線を乗り継いで引き返し、最寄りの武蔵境駅を出ると、道路のあちこちに大きな水たまりができていた。奥多摩にいた間、このあたりではだいぶ激しく降ったようだ。

本日確認できた野鳥
ヤマドリ、オシドリ、キジバト、カワウ、アオサギ、クマタカ、ヤマセミさま、コゲラ、アオゲラ(鳴き声)、カケス、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヤマガラ、ヒガラ、シジュウカラ、キバシリ、イワツバメ、ヒヨドリ、エナガちゃん、ムクドリ、カワガラス(鳴き声)、スズメ、ホオジロ、ガビチョウ(鳴き声) 以上24種(2018TOTAL156種)

奥多摩 徒歩19.18km 高度539~975m
20180917a.jpg

5D1A8948t.jpg
↑ 標高1,000m手前にいたキバシリ。
5D1A8767t.jpg
↑ 11時すぎにボンジュール。
5D1A8824t.jpg
↑ かすかに鳴きながら旋回。案外かわいい声をしている。
5D1A9020t.jpg
↑ 夕方、渓流でオシドリ。幼鳥?
5D1A9003t.jpg
↑ 帰路、ヤマセミさまに猛スピードで追い抜かれる。なんとかその姿を捉えるのが精一杯。
IMG_4530.jpg
↑ ヤマドリがいた道路脇の茂み。今日も逃げられた。
IMG_4482.jpeg
↑ 朝のうちは青空が見えていた。この稜線をクマタカが飛んだ。
IMG_4462.jpeg
↑ 林道沿いの渓流。
5D1A8929t.jpg
↑ 昼ごろになると雲行きがあやしくなってきた。
IMG_4510.jpg
↑ このあたりでも見頃の彼岸花。
IMG_4527t.jpg

スポンサーリンク