FC2ブログ
スポンサーリンク


かるく酔っぱらってますが、先日、奄美大島で見かけた鳥や生き物の写真をいくらか追加で掲載します。ノートパソコンのACアダプタを持参するのを忘れてしまい、現地でアップできなかった写真も多かったので。

アダプタとかケーブルとかいくつも旅に携帯するのは面倒でしかなく、これを機にもっと身軽に旅できるよう工夫します。具体的にはノートパソコンは持ち歩かないようにして、デジカメとスマホがあればどこでもブログ記事をアップできる態勢にしたい。山奥すぎたり絶海の孤島すぎると電波からも隔絶されるので、インターネットを使えることが前提ですが。

インターネットをはじめさまざまなテクノロジーが日々進化していますし、それに合わせて旅の装備や行動をブラッシュアップしていくのもバードウォッチングの楽しみだと感じています。身軽に、早く、シンプルに。

5D1A6739t.jpg
↑ コムクドリ(奄美空港近く)
5D1A9368t.jpg
↑ チュウシャクシギ(大瀬海岸)
5D1A9538t.jpg
↑ クロツラヘラサギ(大瀬海岸)
5D1A9564t.jpg
↑ アマサギ(手花部)
5D1A9204t.jpg
↑ ヒメアマツバメ(名瀬の山間)
5D1A9125t.jpg
↑ リュウキュウサンショウクイ(名瀬の山間)
5D1A9111t.jpg
↑ リュウキュウサンショウクイ(上のとは別の個体。山奥の林道で)
5D1A8860t.jpg
↑ ブッポウソウ(名瀬の山間)
5D1A8768t.jpg
↑ オーストンオオアカゲラ(名瀬の畑地)
5D1A8712t.jpg
↑ カワセミさま(雨で増水した大川)
5D1A7143t.jpg
↑ アマミヤマシギ(夜の林道)
5D1A7163t.jpg
↑ アカマタ(夜の林道)
5D1A7413t.jpg
↑ ハブ幼体?(夜の林道)
5D1A7258t.jpg
↑ ハブ(夜の林道)
5D1A7344t.jpg
↑ オットンガエル?(夜の林道)
5D1A7946t.jpg
↑ キノボリトカゲ(奄美自然観察の森)
5D1A8746t.jpg
↑ イモリ(雨あがりに古見方の農道)
5D1A8487t.jpg
↑ わんこ(古見方の農道)

スポンサーリンク

5D1A1339t.jpg

連休にまだしがみついていたいところだが、福岡空港を16時すぎに発つスカイマーク便でしぶしぶ東京に帰ってきた。

昼すぎに佐賀を発つまでは、山間で夏鳥を探したり、有明海でシギチドリを観察したり。渓流のそばでオオルリとキビタキのさえずりを聞けたし、海ではエリマキシギや昨日に続いてヘラシギもちらっと観察できた。

帰りの渋滞がこわくてあわただしい鳥見ではあったが、九州最終日もまあまあ充実していたように思う。早めに移動した甲斐あってか、交通渋滞に巻き込まれることもなく、19時半すぎには調布駅前のバスターミナルに到着。

今回の連休中に観察した野鳥リストや写真を見直しつつ、明日以降ちょっとずつ加筆修正していきたい。たぶん、たくさん見落としや間違いもあるだろうな。(特にシギチドリ)

本日確認できた野鳥
ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、オナガガモ、ツクシガモ、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、ダイゼン、メダイチドリ、ミヤコドリ、オグロシギ、チュウシャクシギ、ダイシャクシギ、イソシギ、キョウジョシギ、トウネン、ハマシギ、エリマキシギ(今年初見)、ズグロカモメ、セグロカモメ、コアジサシ、カササギ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス(鳴き声)、ムクドリ、キビタキ(鳴き声)、オオルリ、スズメ、カワラヒワ、ホオジロ(鳴き声)、ドバト、ソウシチョウ(鳴き声) 以上39種(2019TOTAL149種)

大授搦など佐賀市周辺 車63km 高度0~165m
20190505.jpg

5D1A1390t_20190506010819530.jpg
↑ 真ん中あたりでキョウジョシギが寝ている。
5D1A1139t_20190506010821e0e.jpg
↑ 左側にいるのが、特徴的なくちばしを持つヘラシギ。昨日に続いて見られてラッキーだった。
5D1A1221t.jpg
↑ 今朝もたくさんの飛翔が見られた。
5D1A0968t.jpg
↑ 山の渓流にいたイソシギ。
5D1A1001t_20190506010814b2a.jpg
↑ オオルリはてっぺんでずっとさえずっていた。
5D1A1002t.jpg
↑ カワガラスも何羽か。
IMG_2790.jpg
↑ しばらくの間、さらば有明海。
IMG_2787.jpg
↑ 本日の朝ごはん。ここで食べるとひときわうまい(気がする)。
IMG_2848.jpeg

スポンサーリンク