スポンサーリンク


5D1A7330t.jpg

朝起きて外に出ると、そばの雑木林の奥でキビタキが明るくさえずっていた。

つい先日、高尾山や宮ヶ瀬湖で探しても見つからなかったのに、すぐ近くに出没してくれるもんだからうれしくなった。深大寺あなどるなかれ。

そして、福岡天神に移動してホテルにチェックインしたあと、夕方、近くの大濠公園(おおほりこうえん)から天神、中洲方面を運動がてら散歩。

このあたりは二十年以上前から勝手知ったる場所である。そして、南にある九州には夏鳥もたくさん到着してるのではないかと期待していたが、オオルリやキビタキの気配はなかった。

反対に、大濠公園の池ではマガモとホシハジロの冬ガモたちがけっこう目立って、あとはなんといってもあちこちを飛び回るトビ、トビ、トビ。

うじゃうじゃかるく30~40羽はいて、中央付近の離れ小島にもざっと数えただけで18羽のトビが羽を休めていた。以前はこれほどの数を見た記憶がなく、なぜこの都市部の公園にトビが集中しているのだろうと不思議。

ほかに見られたのは、キジバトの群れにユリカモメやカイツブリ、カワラヒワ、エナガちゃんなどなど。カワセミさまは、隣り合う舞鶴公園のお堀にて1羽だけ確認できた。

それにしてもさすが九州、ずいぶん日が長い印象だ。日の入りの時刻を調べてみたら、東京が18時18分で、ここ福岡だと18時53分だった。よかね九州!

本日確認できた野鳥
マガモ、カルガモ、ホシハジロ、カイツブリ、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、オオバン、ユリカモメ、トビ、カワセミさま、コゲラ(鳴き声)、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、エナガ、ムクドリ、キビタキ(鳴き声)、スズメ、ハクセキレイ、カワラヒワ、ドバト、ワカケホンセイインコ(深大寺にて鳴き声) 以上25種(2017TOTAL123種)

歩行距離13.42km 高度9~31m
20170419福岡天神

5D1A7417t.jpg
↑ 池のほとりにある野鳥の森でエナガちゃんの群れ。
5D1A7306t.jpg
↑ マガモがけっこう居残っていた。
5D1A7487t.jpg
↑ ホシハジロの群れも。そばのお堀にて。
5D1A7326_convert_20170419224810.jpg
↑ 夏羽になったユリカモメも交ざっていた。
IMG_6265.jpg
↑ この黒い点がほぼ全部トビ。
IMG_6297.jpg
↑ トビが終結していた池中央の離れ小島。
IMG_6272.jpg
↑ デカすぎる魚影から推測するに、ソウギョが交ざっているようだった。
IMG_6285 (3)
↑ 池は1周2kmほどで散歩するにはちょうどいい。今日は2周半ほど歩いてみた。
IMG_6280.jpg

スポンサーリンク

159t_convert_20160811014736.jpg

連休初日、東京は予報どおりの猛暑! だがしかし、ふだんの運動不足解消に身のまわりの断捨離、ブロックチェーン関係の読書、そしてバードウォッチングなどなど、やりたいことは山ほどある。

今日のこの暑さでは野鳥のほうは期待できそうにないと思い、とりあえず自転車で30キロ走ったあと、近くのプールで2時間ほど運動してきた。オリンピック効果でモチベーションが高く、トビウオのように泳げそうな気がしていたがそうでもなかった。まあ当たり前か。

そのあとは冷水シャワーに至福のビールなどなど。

というわけでかるく酔っぱらっているのだが、上の写真は、法事を兼ねて先日帰省したときに寄った有明海大授搦(だいじゅがらみ)にて。

中潮で11時ごろ満潮とタイミングはよかったが、いかんせん季節がよろしくない。

この日、佐賀の最高気温37度。秋の渡りには早すぎて、有明海にしてはさほど鳥影は濃くなくひたすら暑いばかりだった。

脊振とか有田町の竜門ダムなど、山間部のほうも同じで、せいぜいヤマセミさま参拝くらいしか楽しみが思いつかない状態……。

そのヤマセミさまも日中は木陰からなかなか出てきてくれないので、待ちくたびれてほとんど干からびてしまった。その合間、渓流でササゴイとカワガラスを見られたことと、竜門ダムでキビタキ(メス)を確認したことが収穫といえば収穫だろうか。

あ、そういえば今回はカササギを見ていない……。

有明海(干潟よか公園)~佐賀山間部で確認できた野鳥
オシドリ、キジバト、カワウ、ササゴイ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、ダイゼン、シロチドリ、メダイチドリ、オグロシギ(今年初見)、オオソリハシシギ、チュウシャクシギ、ダイシャクシギ、ホウロクシギ、アカアシシギ(今年初見)、アオアシシギ、ソリハシシギ(今年初見)、イソシギ、トウネン、ハマシギ、トビ、カワセミさま、ヤマセミさま、コゲラ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、セッカ(鳴き声)、ムクドリ、カワガラス、キビタキ、スズメ、キセキレイ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ホオジロ、ドバト、ガビチョウ(鳴き声) 以上44種(2016TOTAL154種)

196t_convert_20160811014823.jpg
↑ イソシギやメダイチドリはたくさんいた。
206t_convert_20160811014841.jpg
↑ 有明海では、雨のように鳥が降ってくる。
050t_convert_20160811014614.jpg
↑ キアシシギを数羽見かけた。
065t_convert_20160811014648.jpg
↑ 木陰(?)でひと休み中のトウネン。
061t_convert_20160811014630.jpg
↑ ダイシャクシギも目を閉じて暑そう……。
070t_convert_20160811014712.jpg
↑ 山間の渓流にてカワガラス。
012t_convert_20160811014554.jpg
↑ ヤマセミさまにもかろうじて会えた。
IMG_1616_convert_20160811014937.jpg
↑ 吉野ヶ里遺跡の近く、神崎町にあるトムソーヤの森にて。
IMG_1606_convert_20160811014920.jpg

スポンサーリンク