スポンサーリンク


5D1A7543t.jpg

今日も天気がよく、越谷レイクタウン(埼玉県越谷市)からさらに浮間公園(東京都北区)まで足を延ばした。

ひさびさにササゴイとコアジサシに会えたのもうれしかったが、今日なにより衝撃を受けたのは越谷レイクタウン駅前のショッピングモールの巨大さだった。「イオンレイクタウン」というのがその宮殿のようなショッピングモールの名称で、イオンモールにしても規格外にデカすぎるので「イオン 最大規模」でググったらやはり全国イオンモールのなかでトップの大きさだった。(出所である次の記事は昨年3月に書かれたもよう)

イオン大きさ、広さランキング(国内) -NAVERまとめ

日本の巨大ショッピングモール ベスト10 -NAVERまとめ


2位の「イオン幕張新都心」が敷地面積19万2,000㎡で、越谷の「イオンレイクタウン」が同34万㎡だからかなりぶっちぎりの1位である。ちなみに私の実家の近くにある「イオンモール佐賀大和店」(佐賀市)の商業施設面積が約5万2,000㎡らしいから、身近な鳥にたとえればたぶんドバトとクマタカくらいの体格差があるのではないか、とざっくり想像している。都会おそるべし。

今日はイオンレイクタウンの巨大さに驚愕し、以後、野鳥観察もうわの空になってしまった。確認できた鳥とその内容については下記のリストと写真を参照いただきたい。

本日確認できた野鳥
キジ、カルガモ、カイツブリ、キジバト、カワウ、ゴイサギ、ササゴイ(今年初見)、バン、ヒメアマツバメ、コアジサシ(今年初見)、カワセミさま(鳴き声)、コゲラ(鳴き声)、オナガ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒバリ(鳴き声)、ツバメ、イワツバメ、ヒヨドリ、ムクドリ、スズメ、ドバト 以上23種(2018TOTAL145種)

武蔵境駅~越谷レイクタウン駅(大相模調節池)~浮間舟渡駅(浮間公園)~武蔵境駅 列車、徒歩109.7km 高度-4~134m
20180603.jpg

IMG_9871.jpg
↑ 越谷レイクタウン駅に直結した「イオンレイクタウン」。駅を出た人々がごっそり飲み込まれていった。
IMG_9920.jpg
↑ ショッピングモールがいくつも連結していて、その最果てがどこらへんにあるのかよくわからなかった。駅前で撮ったこの写真もイオンレイクタウンのほんの一部で、全容を写すには空撮しかないだろう。
IMG_9921.jpg
↑ イオンのこんな看板も初めて見た。
IMG_9914.jpeg
↑ 驚いたことに4車線道路をまたいでイオンとイオンがつながっていた。
5D1A7441t.jpg
↑ イオンモール近くの大相模調節池にてコアジサシ。
5D1A7396t.jpg
↑ かわいいカルガモ親子も。
5D1A7291t.jpg
↑ 池の西側にあるビオトープには複数のキジがいた。こんな都市景観のなかにキジがいるとは。
IMG_9916.jpg
↑ イオンモール側から池を望む。
IMG_9893.jpg
↑ ビオトープ周辺では、オオヨシキリやキジがよく鳴いていた。カワセミさまの声も。
5D1A7761t.jpg
↑ 午後、浮間公園に移動してササゴイを観察。
5D1A7565t.jpg
↑ カイツブリの背乗り雛がいた。
5D1A7966t.jpg
↑ この池のカルガモは7羽の雛を連れていた。
5D1A7706t.jpg
↑ たまに威嚇しながらアオダイショウを追尾するバン。
5D1A8014t.jpg
↑ ツバメが多く、ヒメアマツバメとイワツバメも交ざっていた。
IMG_9931.jpg
↑ 浮間公園の池にて。釣り客も多くにぎわっていた。
IMG_9938.jpg

スポンサーリンク

5D1A2672t.jpg

橋本駅からのバス終着点、鳥居原ふれあいの館(産直市場)に着いたのは朝7時半ごろ。宮ヶ瀬湖を望むまわりの園地で、複数のキジがよく鳴いていた。

そのあと、湖畔の早戸川林道を中心に歩き、確認できた野鳥は30種あまりだった。夏鳥を挙げれば、センダイムシクイとヤブサメがところどころで鳴いていて、オオルリの美しいさえずりもたまに。一回だけ声を聞いたキビタキは、斜面のずっとうえにいて姿は拝めなかった。

湖畔とその奥の金沢林道などを行ったり来たりしてずいぶん歩いたが、ことごとく鳥まで遠かったり、木々が茂って見えなかったりでほとんど声を楽しむだけの一日だった。まあ、ずっと上にいるセンダイムシクイのおなかを見上げたのと、あとはオオルリをちらっと見られたのを今日の収穫としましょうか。

朝はよく鳴いていたその夏鳥たちも、昼ごろになるとすっかり静かになってしまった。ウグイスやメジロ、シジュウカラに遊んでもらったあと17時すぎに湖畔を離れ、鳥居原ふれあいの館前から18時40分発の最終バスで橋本駅に戻った。

本日確認できた野鳥
キジ(鳴き声)、キジバト、カワウ、オオバン、ミサゴ、トビ、コゲラ、アオゲラ、カケス、オナガ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、ヤブサメ(鳴き声)、エナガちゃん、センダイムシクイ(今年初見)、メジロ、ミソサザイ(鳴き声)、ムクドリ、シロハラ、ツグミ、キビタキ(鳴き声)、オオルリ(今年初見)、スズメ、キセキレイ、ハクセキレイ、イカル(鳴き声)、ホオジロ、アオジ、ドバト、ガビチョウ 以上35種(2018TOTAL136種)

鳥居原ふれあいの館~宮ヶ瀬湖~鳥居原ふれあいの館 徒歩26.33km 高度288~390m
20180413.jpg

5D1A2486t.jpg
↑ 鳥居原ふれあいの館の裏側で、ツバメたちが巣材を運んでいた。
5D1A2518t.jpg
↑ 湖畔でほんの5秒ほどオオルリを見ることができた。
5D1A2494t.jpg
↑ カケスはわりとよく往き来していた。
5D1A2589t.jpg
↑ クサグモ(?)を捕まえたメジロ。
5D1A2566t_20180413231700b80.jpg
↑ ウグイスは湖畔のあちこちでさえずっていた。
5D1A2578t_20180413231706e3a.jpg
↑ ガビチョウもいつもどおり多かった印象。
5D1A2687t.jpg
↑ 夕方、猿の小群に遭遇。
5D1A2698t.jpg
↑ 撮らせてね、とお願いしつつ。が、目が合って威嚇された。
5D1A2492t.jpg
↑ 宮ヶ瀬の吸血チュパカプラ。
IMG_7757.jpg
↑ 朝7時半すぎ、鳥居原ふれあいの館から宮ヶ瀬湖を望む。まわりでキジがよく鳴いていた。
IMG_7764.jpg
↑ 早戸川林道の汁垂橋にて。
IMG_7770.jpg
↑ 水鳥はカワウと、あとはミサゴを2回見かけた。
IMG_7794.jpg
↑ 湖の上流のほうは全体的に鳥影が薄かった。
IMG_7792.jpg
↑ ミソサザイがさえずる渓流。
IMG_7805.jpg
↑ 河原でひと休みしておにぎりを食べていると上空をトビが舞った。
IMG_7803.jpg

スポンサーリンク