スポンサーリンク


5D1A6170t.jpg

八王子城跡の林道で15時すぎ、遅ればせながら今シーズン初めてサンコウチョウを確認した。虫を追って目の前の枝に飛んできてくれたメスである。

尾羽の長いオスの姿もたまにちらついていたのだが、カメラで捉えられなかったのでオスはまた次の機会に。

サンコウチョウのほか視認できたのは、クロツグミとキビタキ、オオルリという定番の夏鳥の面々。朝のうちはホトトギスもよく鳴いていて、林道のずっと奥のほうではヤブサメやカケスの声も。

カッコウ、モズ、ワカケホンセイインコ、オナガあたりは帰宅途中の夕方、深大寺のほうで確認。鳴き声の聞こえてくる方角からすると、カッコウは滞在場所をちょっと移したようだ。

また、深大寺の地元、カワセミだるま商品の並んでいる農産物直売所、調布のやさい畑さんが来週から8周年創業祭をおこなうそうなので案内を添付しておきます。お近くの方、ぜひお立ち寄りください。期間は6月24日(土)から7月2日(日)まで。

カワセミだるま商品の発売元、問合先はだるチャンプロデュース。 http://daruchan.com/

本日確認できた野鳥
キジバト、ホトトギス(鳴き声)、カッコウ(鳴き声)、コゲラ、アオゲラ(鳴き声)、サンコウチョウ(今年初見)、モズ、カケス(鳴き声)、オナガ、ハシブトガラス、シジュウカラ(鳴き声)、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス(鳴き声)、ヤブサメ(鳴き声)、エナガ(鳴き声)、メジロ、ムクドリ、クロツグミ、キビタキ、オオルリ、スズメ、キセキレイ、イカル(鳴き声)、ホオジロ、ドバト、ワカケホンセイインコ、ガビチョウ(鳴き声) 以上28種(2017TOTAL173種)

IMG_2920.jpg

IMG_2921.jpg

歩行距離4.82km
20170617.jpg

5D1A6140t.jpg
↑ 鳴き声は聞かなかったけれど、クロツグミがほんのちらっと出てきてくれた。
5D1A6157t.jpg
↑ キビタキしゃんは奥のほうでよくさえずっていたが、姿を確認できたのはこのメス1羽だけ。
5D1A6095t.jpg
↑ オオルリはいつものお気に入りの枝で。
5D1A6112t.jpg
↑ 尾羽はエナガちゃんのようだが謎の鳥。目の色は赤い。 エナガちゃんだそうです。幼鳥は目が赤いそうです。
5D1A6085t.jpg
↑ キセキレイの給餌風景。
IMG_8192.jpg
↑ 林道の入口、新しくなった管理棟と案内板の前で。
IMG_8194.jpg
↑ さわやかな朝の林道。
IMG_8198.jpg
↑ 林道に入ると、ホトトギスとキビタキ、サンコウチョウがよくさえずっていた。
IMG_8201.jpg
↑ 御主殿跡にかかる曳橋にて。
IMG_8189.jpg
↑ こちらは移動中、調布駅前にて。シネコン(手前)やビックカメラが今秋オープン予定。わくわく。
関連記事

スポンサーリンク

5D1A5865t.jpg

茨城方面に用事があったのでまだ暗いうちに起床。4時すぎに出発すると、おととい14日(水)あたりから近所に滞在しているカッコウがまだ鳴いていたので、ちょこっと寄り道して撮ってきた。

電線を転々としていて、あまり絵にはならないもののこんな住宅街で遭遇するなんて運がいい。三宅島で先日ホトトギスをたくさん見て、今朝はこのカッコウにも会えたので、同じカッコウ科で残るのはツツドリとジュウイチ。今シーズン、なんとかしてこの2種も確認したいものだ。

ところで、ご近所の話題といえば、今年は野川沿いにある三鷹ほたるの里のホタルの出がよくないようだ。

今週、仕事帰りの20時すぎに2回ほど寄り道してみたが、わさび田のまわりで1~2匹がかすかに光っているだけで寂しいかぎり。例年ならば、ちょうどいまの時期、6月10~15日前後がピークのはずである。ここ数年で散策路を整備したり、トイレを新しくしていたのでその負の影響ではないか、と個人的には腹立たしく感じていたりもする。

野鳥の話題に戻ると、茨城のプチ出張では、要件を終えて道すがら霞ヶ浦西岸とその南西にある牛久沼に寄ってみた。

どちらにもカルガモの親子がいて、牛久沼のほうにはコブハクチョウ親子の姿も見られた。そのほか観察できたのは、霞ヶ浦のほうでオオバンとオオヨシキリ、牛久沼のほうでヒバリ、ツバメなど。

インターネットで調べたところ、牛久沼には昨年ぐらいまで北米外来種のカナダガンが出ていたようだが、どうもすべて捕獲されてしまったようだ。双眼鏡であちこち探してみたのだが、その気配はみじんも感じられなかった。

本日確認できた野鳥
カルガモ、キジバト、カワウ、コサギ、オオバン、カッコウ(今年初見)、モズ、オナガ、ハシブトガラス、シジュウカラ(鳴き声)、ヒバリ、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス(鳴き声)、オオヨシキリ(鳴き声)、ムクドリ、スズメ、カワラヒワ、ドバト、ワカケホンセイインコ、コブハクチョウ(今年初見) 以上21種(2017TOTAL172種)

霞ヶ浦と牛久沼
20170616.jpg

5D1A5965t.jpg
↑ 電線を転々としてさえずるカッコウ。近づいたモズを追い払ったりもしていた。
5D1A5978t.jpg
↑ しばらくぶりのオオバンは霞ヶ浦西岸で。
5D1A6007t.jpg
↑ 同じく霞ヶ浦にいたカルガモ親子。幼鳥は5羽だった。
5D1A6052t.jpg
↑ コブハクチョウ親子は餌付けされているようだった。牛久沼の水辺公園にて。
IMG_8180.jpg
↑ 土浦駅の近くにツバメの巣があった。スマホでそっと撮影。
IMG_8178.jpg
↑ 通りかかった霞ヶ浦にて。
IMG_8182.jpg
↑ 牛久沼南岸、手前に並ぶのはコブハクチョウ。
IMG_8167.jpg
↑ 地元、野川沿いにある三鷹ほたるの里。昨日の夜も寄ってみてホタルは1匹しか見つけられなかった。
関連記事

スポンサーリンク