スポンサーリンク


5D1A0203t.jpg

早朝6時すぎに湯治宿を出て、30分ほどで陸上自衛隊の北富士演習場に着いた。

ここは富士山の裾野に位置する訓練用のだだっ広い原野で、今日のようにそれが一般開放されている日があるのだ(毎月だいたい10日ほどあるもよう)。

砂塵をまきあげながら車を走らせていると、沿道の草地でよくさえずっていたのはコヨシキリとホオアカ、ノビタキ、アオジなどで、その幼鳥たちもわんさか。さらにカッコウやセッカがそのうえを飛び、カワラヒワとムクドリ、ツバメの群れもそれぞれ電線や林の間を行き交っていた。

特にホオアカとコヨシキリが多く、あちこちで聞いたコヨシキリのさえずりは下記(iPhoneで録音)。ヨシキリ系の賑やかな鳴き声ではあっても、オオヨシキリに比べるとややソフトな感じ?

20170723koyoshi.mp3

さえずりを録音したあとは、ひさしく見てないオオジシギに狙いをしぼったもののまたしても空振りに。毎回てごわいなオオジシギ。

昼前から雨が降ってきたので、帰りしな、鳥友に紹介してもらった河口湖フィールドセンター(富士河口湖町)にちょろっと寄って東京に戻ってきた。

フィールドセンターは、溶岩流のうえにできた自然林に囲まれ、一周15分ほどのかんたんなトレッキングコースが設けられている(有料)。雨が降らなければ、途中の池にも鳥たちが水浴びに来ただろうが、今日はまったく気配がなかった。



本日確認できた野鳥
キジバト、ホトトギス(鳴き声)、カッコウ、トビ、コゲラ、モズ(鳴き声)、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヒバリ、ツバメ、イワツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、コヨシキリ(今年初見)、セッカ、ムクドリ、ノビタキ、キビタキ(鳴き声)、スズメ、キセキレイ、カワラヒワ、ホオジロ、ホオアカ(今年初見)、アオジ、ドバト、ソウシチョウ 以上27種(2017TOTAL182種)

北富士演習場~河口湖フィールドセンター~青梅市内 約118km 高度157~1169m
20170723_1.jpg

5D1A9977t.jpg
↑ コヨシキリとホオアカが多く、草地のあちこちでさえずっていた。
5D1A0148t.jpg
↑ 早朝からあいにくの空模様だったが、遠くにノビタキ。
5D1A01602t.jpg
↑ 幼鳥の識別は難しく推測だが、この子はノビタキの幼鳥?
5D1A0144t.jpg
↑ 正体不明の謎の幼鳥。調べ中。 
5D1A0052t.jpg
↑ カッコウがこれほどいるところもそうないような気がする。
IMG_8863.jpg
↑ 雲がすこし途切れ、富士山が姿を見せてくれた。
IMG_8812.jpg
↑ ざっくりとした案内図をたよりに広大な敷地を散策する。
IMG_8843.jpg
↑ オフロードバイクがけっこう走っていて、空にはラジコン飛行機も。
IMG_8831.jpg
↑ 東の方角に山中湖が見えた。
IMG_8891.jpg
↑ 昼すぎ、河口湖フィールドセンターにて。小学生の課外授業が行われていた。
IMG_8898.jpg
↑ トレッキングコースの池にも鳥の姿はなく。
IMG_8894.jpg
↑ 敷地内に神社があって、隠しダンジョンのように洞窟がぽっかりと口を開いている。信仰の対象で、奥には神様が祭られていた。
IMG_8901.jpg
↑ 溶岩のなかで大木が焼失してできた洞窟が70mほど続く。狭く、ひたすら身を縮めて進むしかない。
関連記事

スポンサーリンク

5D1A9779t.jpg

暑すぎる東京から富士山方面へと退避中、ついでに奥多摩湖とその先にある柳沢峠に寄ってみた。このあたり標高が高いだけあって、さすがにいくらか涼しい。

標高1500~1600mほどにある柳沢峠では、マミジロとコマドリをふたたび空ぶって、収穫はアカゲラやキバシリ、なにげに今年初見のビンズイなど。コマドリのほうは先月、三宅島でタネコマドリを腹いっぱい見たのでまだいいのだが、マミジロと今シーズンなかなか縁がないのがさびしい。

そういえば、道すがら「この鳥なんですか」と写真を見せて聞いてこられた方があって、うっかり「マミジロのメスじゃないすか」と答えてしまったが、あらためて思い出してみるとビンズイだったような……。いまさら正すこともできないし軽率だったと猛省。

ちなみに昨年はその逆で、マミジロのメスをビンズイと勘違いしてしまったし、これを機に再学習(?)しないと。

ご参考までに過去記事 2016年6月12日 マミジロ御来鳥→ http://kawasemidaruma.com/blog-entry-455.html

山の天気は変わりやすく、昼すぎから雷鳴がとどろき雨がポツポツ降ってくる展開に。

もうもうと霧の湧いてきた森の奥から聞きなれないさえずりが聞こえてきて、YouTubeで調べてみた。クロツグミやマミジロのそれと似てなくもないが、これはどうもアカハラのさえずりだったようだ。いちおうiPhoneで録音したので貼りつけときます。

20170722akahara.mp3

んで、雨にぬれながら粘ってはみたものの収穫は少なく、17時すぎから移動再開。

道に迷いながらさらに60kmばかり南下して、山梨県富士吉田市の山間にあるコテコテの湯治宿に素泊まりしている。まわりにはなぜかアジサイがたくさん咲いていて、とても静か。

本日確認できた野鳥
ヤマドリ、キジバト、アオバト、アオサギ、ホトトギス(鳴き声)、コゲラ(鳴き声)、アカゲラ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、コガラ、ヤマガラ(鳴き声)、ヒガラ、シジュウカラ、ツバメ、イワツバメ、ヒヨドリ、ウグイス(鳴き声)、ヤブサメ(鳴き声)、メジロ、ゴジュウカラ、ミソサザイ、ムクドリ、アカハラ(鳴き声)、コマドリ(鳴き声)、コルリ(鳴き声)、キビタキ(鳴き声)、スズメ、ビンズイ(今年初見)、ホオジロ、ドバト、ソウシチョウ(鳴き声) 以上31種(2017TOTAL180種)

青梅市内~奥多摩湖~柳沢峠 約68km 高度176~1636m
20170722.jpg

5D1A9811t.jpg
↑ 背中の白斑からして、オオアカゲラではなくアカゲラのもよう。
5D1A9749t.jpg
↑ キバシリやゴジュウカラ、そのほかのカラ類は相変わらず多い。
IMG_8775.jpg
↑ 笠取林道の入口。朝のうちはまだ晴れていた。
IMG_8779.jpg
↑ さわやかな朝の林道。コマドリとコルリの鳴き声も何回か聞いた。
IMG_8786.jpg
↑ 午後になると雨が降ってガスが湧いてきた。
IMG_8802.jpg
↑ ようやくたどりついた本日のお宿。湯治宿らしい環境で、人里からはだいぶ離れている。
関連記事

スポンサーリンク