スポンサーリンク


5D1A2123t.jpg

猛暑が一向におさまらない連休二日目。東京駅から早朝5時46分発の東海道本線に乗って西下し、大磯駅(神奈川県大磯町)に着いたのは7時前だった。

駅から10分ほど坂をおりていって毎年恒例の照ヶ崎海岸でアオバトやキアシシギを見たあと、今日は列車とバスを使ってさらに西のほうまで足を延ばしてみた。

小田原の街から少し東に戻ったあたり、丹沢山系の水を集めて太平洋に注ぐ酒匂川(さかわがわ)の河口付近では、コシアカツバメの群れやコアジサシを確認。

そして、海沿いをバスで10分ほど移動し、国府津駅(こうづえき)から御殿場線に乗って山間を目指せば、ちょうどこの酒匂川の上流に達することができる。

御殿場線の山北駅で下車すると、そこから3kmほど離れた洒水(しゃすい)の滝には15時すぎに到着した。滝に至る林道はさすがにひんやりして心地いい。全国名水百選にも指定されているというこの滝の水は、どこかで本流となってやがて酒匂川に合流していくのだろう。

滝近くの林道にいた野鳥は、キビタキしゃんの幼鳥やイソヒヨドリ、ガビチョウなど。海からはずいぶん離れた山間というのに、こんなところにもイソヒヨドリがいるとは。

また、滝のすぐ近くにお寺や滝不動尊があって、その後ろの森でサンコウチョウがよく鳴いていた。木陰でしばらく粘ってみたものの、斜面のうえのほうで黒い影がちらつくのを一瞬見ただけだった。

本日確認できた野鳥
カルガモ、キジバト、アオバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、オオバン、キアシシギ(今年初見)、ウミネコ、コアジサシ、トビ、アカゲラ(鳴き声)、サンコウチョウ(鳴き声)、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ(鳴き声)、ツバメ、コシアカツバメ、ヒヨドリ、ウグイス(鳴き声)、メジロ(鳴き声)、セッカ(鳴き声)、ムクドリ、イソヒヨドリ、キビタキ、スズメ、ハクセキレイ、カワラヒワ、ドバト、ガビチョウ 以上30種(2018TOTAL152種)

大磯駅~照ヶ崎海岸~小田原駅~酒匂川下流~国府津駅~山北駅~洒水の滝 列車、バス、徒歩49.47km 高度2~156m
20180715.jpg

5D1A2170t.jpg
↑ 洒水の滝を参拝に行く途中でイソヒヨドリを見かけた。
IMG_1594.jpg
↑ あたりはひんやりと涼しく、腰をおろすと動く気がゼロになった。
IMG_1576.jpg
↑ 三段になって落ちる洒水の滝。案内によると鎌倉時代、偉いお坊さまがここで修行されたとか。
5D1A1667t.jpg
↑ 朝7時すぎ、照ヶ崎海岸にて。多いときは60~70羽ほど(?)のアオバトが岩場におりて海水を飲んでいた。
5D1A1554t.jpg
↑ なにげに今年初見のキアシシギも。
IMG_1499.jpg
↑ 8時すぎになると霧がどんどん濃くなってきて撤収。
IMG_1508.jpg
↑ 大磯から西に移動して、小田原駅の北口に発つ北条早雲公の像。
IMG_1529.jpg
↑ 小田原での昼食はせっかくなので板わさや金目の刺身など。
5D1A1807t.jpg
↑ 酒匂川の河口付近にかかる酒匂橋でコアジサシの幼鳥。確認できたコアジサシはけっきょくこの1羽だけ。
5D1A1867t.jpg
↑ 遠目にオオバンの姿も。真夏のこの時期に見るのは珍しい気が。
5D1A2039t.jpg
↑ コシアカツバメとツバメがひっきりなしに飛んでいた。
IMG_1539.jpg
↑ 酒匂橋のたもとから河口のほうを望む。
IMG_1616.jpg
↑ 洒水の滝の近くにある最勝寺本堂。裏の林でサンコウチョウが鳴いていた。
IMG_1609.jpg
↑ 明日は滝祭りの日で、滝への道を清める名瀑おろしの儀式が執り行われるとのこと。
IMG_1606.jpg
関連記事

スポンサーリンク

5D1A1416t.jpg

しょっぱな余談で、映画「ジュラシック・ワールド/炎の王国」が昨日公開され、早速、昨晩のうちにシアタス調布に行ってきた。

ストーリーとその舞台は意表をつくもので、なかでもイスラ・ヌブラル島の海中を舞台にしたオープニングシーンにはわくわくさせられた。迫力ある映像と音響効果を含め、まあ、トータルバランスに優れて個人的評価87点。夏にぴったりのエキサイティングな作品であるように思う。

んで、今日は酷暑に抗いながら秋留台公園(あきる野市)に行ってきた。主な目的は、2か月前にここで空ぶったカオグロガビチョウのリベンジである。

12時半に到着したあと2時間はその気配がなく、園内をゾンビのようにさまよいながら体中の水分をひたすら失っていく苦しい展開。しかしながら自販機のペットボトル3本を次々に空にして、だるくなって芝生広場のベンチで昼寝していたらちょうど15時にその騒々しい声で目が覚めた。まさに果報は寝て待て、というやつだ。

4~5羽ほどが鳴いたり鳴きやんだりしながら木々や植木の間を移動するのを観察し、30分ほどで気配が消えたので私も撤収。この公園にはこれまで3回来て2回は見ることができたので2勝1敗、なんとか勝ち越しといったところか。

15時を過ぎるといくらか雲と風も出てきて、帰りはいくぶん暑さも和らいでくれた。

本日確認できた野鳥
キジバト、トビ、オナガ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス(鳴き声)、ムクドリ、スズメ、ドバト、ワカケホンセイインコ、カオグロガビチョウ(今年初見) 以上14種(2018TOTAL149種)

東秋留駅~秋留台公園~東秋留駅 徒歩6.53km 高度132~153m
20180714.jpg

IMG_1447.jpg
↑ 昨晩、調布駅北口のシアタス調布にて。4DXなどの設備もある。
IMG_1451.jpg
↑ ジュラシック・パークが1993年に公開されてから25周年。全5作、欠かさず見てきて感慨深いものがある。
5D1A1395t.jpg
↑ 本日15時半、お食事中のカオグロガビチョウ。食べてるのはカマキリ?
5D1A1219t.jpg
↑ ムクドリたちはセミを捕まえていた。
5D1A1245t.jpg
↑ ムクドリやシジュウカラのほか、この公園ではちょくちょくオナガも見かける。
IMG_1473_201807142104488f6.jpg
↑ 正午過ぎ、さすがに暑すぎて鳥どころか人の姿もほとんどなかった。
IMG_1469.jpg
↑ 案内板では「帰化鳥」として紹介されているカオグロガビチョウ。
IMG_1472.jpg
↑ いつもは煙だらけのバーベキュー広場にも人影がなく、おかげで昼寝し放題。
5D1A1187t.jpg
↑ そこかしこでセミがよく鳴いていた。
5D1A1438t.jpg
↑ 帰路、三鷹で見かけたワカケホンセイインコ。この鳥もすっかり日本に帰化した印象がある。
IMG_1464.jpg
関連記事

スポンサーリンク