FC2ブログ
スポンサーリンク


5D1A2563t.jpg

先週掲載しそびれた白いドバトの写真が見つかったので一枚目はそれで。

その日のうちに報告できなかったが、高知、香川の二県で道すがら確認できた野鳥をかんたんにまとめておきたい。今年初見の鳥は、サンコウチョウとヤイロチョウの2種。

早朝4時、真っ暗な道路脇に車をとめてうつらうつらしていると、森がうっすらと明けていく。野鳥たちが本格的にさえずり始めるのは4時半ごろだ。

そして5時6分、運転席からわずか3メートルほどの地面にすっと降りてきたのがヤイロチョウ。突然だったし至近すぎたのもあって助手席のほうに引きながら数枚シャッターを切ったが、けっきょく全部ぼけぼけだった。

出現までは、暗い森の奥から時折ホヘンホヘン、ホヘンホヘンと甲高い声が聞こえていて、それがだんだん接近してきてヤイロチョウがついに枝先に姿を現す、みたいな遭遇シーンをイメージしていたが、現実はそうならないものである。遠くでホヘンホヘンの声がやんで30分もしたころ、上のほうからいきなり無言ですっと降りてきてまたすっと飛んでいってしまった。見たのはけっきょくその一回こっきり。

長くも感じたが、目の前にいたのはたぶん4、5秒くらいだったろう。メタリックなブルーの羽色もそうだが、姿勢とたたずまいの美しい鳥だな、というのが初見の印象である。

そのほかよく鳴いていた夏鳥は、オオルリとクロツグミ、ジュウイチあたりで、アカショウビンやツツドリ、サンコウチョウなどの声もたまに聞こえてきた。撮れなかったが、アカショウビンは2回視認。最初は夕方、目の前10メートルあたりの木立を猛スピードで抜けていき、もう一回は早朝、車の前方を先導するように林道に突き出た枝から枝へと渡っていった。

また、空を見上げればトビがよく舞っていて、クマタカも遠望すること2回。渓流沿いの山里を行けば、ブッポウソウやミサゴ、ヤマセミさまなどの姿もあった。

高知、香川の両県で確認できた野鳥
カイツブリ(鳴き声)、キジバト、アオバト(鳴き声)、カワウ、アオサギ、コサギ、ホトトギス(鳴き声)、ツツドリ(鳴き声)、ジュウイチ(鳴き声)、ミサゴ、トビ、クマタカ、アカショウビン、カワセミさま(鳴き声)、ヤマセミさま、ブッポウソウ、ヤイロチョウ(今年初見)、キバシリ、コゲラ、アオゲラ(鳴き声)、サンショウクイ、サンコウチョウ(今年初見)、カケス、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ツバメ、イワツバメ、ヒヨドリ、ウグイス(鳴き声)、ヤブサメ(鳴き声)、エナガちゃん、メジロ、ミソサザイ(鳴き声)、ムクドリ、クロツグミ(鳴き声)、キビタキ(鳴き声)、オオルリ、スズメ、キセキレイ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ、ホオジロ、コジュケイ(鳴き声)、ドバト 以上47種(2019TOTAL153種)

5D1A2908t.jpg
↑ 見張り役のブッポウソウ。
5D1A2765t.jpg
↑ サンコウチョウはなにげに今年初見。
5D1A2818t.jpg
↑ オオルリはあちこちでよく鳴いていた。
5D1A2728t.jpg
↑ 子育て中のようで虫を運んでいた。
5D1A2854t.jpg
↑ 暗かったがサンショウクイも。
5D1A2967m.jpg
↑ 近すぎてフレームからはみ出たヤイロチョウ(ノートリミング)。鳥と1対1、記憶に残る数秒間だった。
5D1A2862t.jpg
↑ もちのようになってアオバトが湖畔で休んでいた。
5D1A2756t.jpg
↑ 森のなか、カケスがけっこう飛び回っていた。
5D1A2630t.jpg
↑ ヤマガラの幼鳥かな。
5D1A2826t.jpg
↑ お食事中のメジロ。
5D1A2837t_201905272151098aa.jpg
↑ このコゲラは給餌中のよう。
5D1A2779t.jpg
↑ 幹を駆け上っていくキバシリ。
5D1A2651t.jpg
↑ 9時半ごろクマタカが飛ぶ。
5D1A2961t_20190527215738265.jpg
↑ まだ真っ暗な早朝にいたウサギ。
IMG_3585.jpg
↑ ミミズもでかい。
IMG_3655.jpg
↑ 早朝4時すぎの森。鳥がぼちぼち鳴き始める。
IMG_3671.jpg
↑ 昼、崖をくだって沢に降りてみた。時折ヤイロチョウの声も聞こえてくる。
IMG_3293.jpg
↑ オオルリのさえずりが響く森のなか。
IMG_3372.jpg
↑ ここは鬼のアジトである女木島の洞窟。
IMG_3391.jpg
関連記事

スポンサーリンク

2019052422195255b.jpeg

路面電車で高知駅に引き返す途中、しばらくぶりに周辺の幕末史跡をいくつか訪ねた。

高知城下のこのあたりを歩くのは、NHK大河ドラマ「龍馬伝」の放送を前にした2009年以来、たしかちょうど十年ぶりだろう。当時は観光やおみやげ品流通をテーマにした業界誌をやっていて、営業がてら(趣味がてら)ライセンスグッズや箱菓子を流通させる業者さんだったり幕末志士ゆかりの地だったりを訪ね歩いたのだ。たくさんの方にお世話になり、楽しいことも多かった。

当時を懐かしく思い出しながらの上写真は、高知城の南、坂本龍馬が生まれた上町一丁目に建つ生誕地の碑である(奥は病院)。城近くのこのあたりには、土佐藩主である山内容堂公の居宅跡や、武市半平太、後藤象二郎、板垣退助といった土佐藩士ゆかりの地が点在している。

全部まわろうと思えば、数日あっても足りないので、今回は有名どころの龍馬さんのこの写真と、もう一枚くらいで。

途中、龍馬たちが子供のころに遊んだという鏡川沿いを通りかかると、真っ白なドバトが草の実かなにかをついばんでいた。せっかくなのでブログに掲載しようと思ったが、どういういわけかSDカードには保存されてなかったので写真はナシ。

そして今日一日、道すがら確認できた野鳥リストは次のとおり。明日以降はデジタルな作業がしづらい山奥にいたり、ちょいと所用があったりで、鳥ネタをアップできるのは週明けになるかも。ほんならまたねぇ。

本日確認できた野鳥
カワウ、アオサギ、コサギ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ツバメ、ヒヨドリ(鳴き声)、ウグイス(鳴き声)、センダイムシクイ(鳴き声)、ムクドリ、スズメ、ハクセキレイ、カワラヒワ、ヤイロチョウ(鳴き声)、ドバト 以上15種(2019TOTAL150種)

20190524221953516.jpeg
関連記事

スポンサーリンク