スポンサーリンク


092t_convert_20140928235523.jpg

週末は天気がよかったので、ふらりと愛知の伊良湖岬(いらごみさき)まで行ってみた。ご存知のとおり、ここは長野の白樺峠や青森・龍飛崎と並び、渡り鳥の中継地として有名なスポットである。

時期的にやや早く、また伊豆諸島沖を通る台風の影響もあってか、土曜は鳥の出がイマイチだったが、さいわい翌日は早朝からたくさんの渡りを観察することができた(特に7時~10時頃)。深大寺周辺では猛禽に出くわす機会が少なく、その識別には自信がないので、まわりの方々の解説に頼ると、例年どおりサシバをはじめハチクマやツミなどが出ていたようだ。

これらの鳥たちがはるばる東南アジアの島々へと渡っていくのかと思うと、その国境を越えた壮大な旅に胸がふくらむ。

ほかにも数百羽単位のヒヨドリの群れや、その群れに突っ込むハヤブサ、海岸で魚をむさぼり食べるトビなど、迫力ある鳥の姿を見ることができて満足である。さらにこのあたりの名物らしい大アサリや岩ガキ、メロン串なども美味。もちろんキンキンに冷やされたビールも!

で、伊良湖岬を中心に、この二日間で移動中も含めて見かけた鳥は次のとおりだった。詳しい方に聞いたりして、猛禽はこれから再確認予定。また、よく分からない海鳥もいたのでそれも。どこか間違ってたら修正します。

カルガモ、キジバト、ドバト、アオバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、ミサゴ、ハチクマ、トビ、ツミ、サシバ、ノスリ、コゲラ、アカゲラ、ハヤブサ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、スズメ、ホオジロ、ハクセキレイ、ガビチョウ(鳴き声)、コジュケイ(鳴き声)

20140928irago_3_convert_20140929000803.jpg
↑ 伊良湖岬に日が昇る。望遠以外は今回もすべてiPhone撮。
20140928irago_6_convert_20140929000940.jpg
↑ 東を望む。鳥たちはこちらから飛んでくることが多かった。
20140929irago_7_convert_20140929225055.jpg
↑ 望遠レンズやスコープが並ぶ駐車場の様子。
20140928irago_5_convert_20140929000845.jpg
↑ 店先で焼いてくれるトウモロコシやサザエがストレートにうまい。
20140928irago_2_convert_20140929000740.jpg
↑ 名物らしい大アサリも。
199t_convert_20140928235714.jpg
↑ 砂浜に立つ杭でむさぼり食事するトビ。赤魚は金目鯛?
108t_convert_20140928235539.jpg
↑ 頭部が小さく、頸が長く見えるのでハチクマ?
061t_convert_20140928235410.jpg
↑ 顔の模様と羽の形からしてミサゴ?
178_convert_20140928235649.jpg
↑ 8つほど小さな点が見えるのが鳥。(EOS5DmarkⅡ+EF400mmf5.6 ノートリミング)
145t_convert_20140928235558.jpg
↑ なぜかアカゲラが2回ほど出現した。渡り鳥の真似?
045t_convert_20140928235339.jpg
↑ これはウミウではなくカワウかな。
382t_convert_20140928235731.jpg
↑ 一羽が波濤を横切っていった。
101t_convert_20140929023044.jpg
↑ 10羽ほどの群れを撮って拡大したらアオバトだった。
006t_convert_20140928235237.jpg
↑ 今年初見のイソヒヨドリ(メス)。電信柱の先がお気に入りのようだった。
029t_convert_20140928235257.jpg
↑ ヒヨドリが何十羽~何百羽と群れをなしていた。深大寺あたりでは見かけない光景である。
036t_convert_20140928235315.jpg
↑ 海を背景に。
048t_convert_20140928235354.jpg
↑ 早朝の海を背景に。
20140928irago_4_convert_20140929000826.jpg
↑ こういう道はわくわくするわ。
20140928irago_1_convert_20140929000637.jpg
↑ 丘陵の上に見えるのは伊良湖ビューホテル。
313_convert_20140930004243.jpg

スポンサーリンク

Secret

TrackBackURL
→http://kawasemidaruma.com/tb.php/270-f57842ca