スポンサーリンク


006_convert_20151108210613.jpg

寒々とした雨の一日で、外出ついでに吉祥寺・井の頭公園の池をぐるり一周だけ。

さすがにひとが少なく、スワンボートも浮いてないためか、キンクロハジロやカルガモの群れがのびのびと羽を伸ばしていた。

橋のたもとの葦の茂みには、ここのところご無沙汰していたゴイサギも7羽ほど羽を休めていた。

昨年3月にかいぼり(水質浄化のための池の水抜き)をしてから見かける機会が減ったように感じていたが、葦が茂ってゴイサギの群れももとどおり定着しだした印象だ。幼鳥のホシゴイ(上写真)も3羽。

そのほか、オナガガモ2羽やオオバン5羽、コガモ1羽などを見かけた。カワセミさまは葦の茂みから鳴き声が聞こえてきたのみで、今日確認できた鳥は次のとおり。カラスたちがギャアギャア騒いでいたが、なにかの猛禽の姿は見あたらなかった。

カルガモ、ハシビロガモ、オナガガモ、コガモ、カワウ、ゴイサギ、アオサギ、オオバン、カワセミさま(鳴き声)、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、スズメ 以上13種(2015TOTAL168種)

045_convert_20151108210733.jpg
↑ こちらは成鳥のゴイサギ。
071_convert_20151108210802.jpg
↑ コガモのエクリプス。
042t_convert_20151108210708.jpg
↑ スワンボートがないのでキンクロハジロの群れものんびりできてたようだ。
026_convert_20151108210642.jpg
↑ 雨に打たれてアオサギも寒そうにしていた。
20151107_1_convert_20151108211000.jpg
↑ いつになく静かな池の風景。
20151107_2_convert_20151108211031.jpg
関連記事

スポンサーリンク

Secret

TrackBackURL
→http://kawasemidaruma.com/tb.php/392-8fc23cd1