スポンサーリンク


029t_convert_20160327132038.jpg

早朝、八王子市内にある小宮公園を初パトロール。これまでなぜか縁の薄いキジを狙ったのだが、ジンクスの壁に弾き返され、よく出没すると聞くここでも鳥果なしだった……。

そのあと近くの浅川河川敷まで移動し、大和田橋のまわりで今シーズン初見のイワツバメを撮っていると、弟より祖母没の知らせが届いた。それで急きょ、これから通夜や葬式のため九州に帰省するところである。もちろん寂しいのだけれど、卒寿(90歳)越えの大往生で、桜が咲いてツバメが飛来するいい季節に逝ったように思う。

こうして野鳥を見たりブログを書いたりしていると、観察した場所や季節の思い出がそれぞれの鳥と重なってくる。これから毎年ツバメたちが渡ってくるシーズンを迎えるたび、優しかった祖母のことを思い出したい。合掌。

そのほか浅川の河川敷で確認できたのは、盛んに鳴き交わすカワセミさまや、ジョウビタキ、オナガなど。カワセミさまは恋の季節を迎え、ジョウビタキはそろそろ旅支度を始めているのではなかろうか。

小宮公園の雑木林では、カシラダカや久しぶりのアオゲラを。公園入口近くにある弁天池では、カルガモとコガモの一団が気持ちよさそうに浮いていた。

本日確認できた野鳥
カルガモ、コガモ、キジバト、カワウ、ダイサギ、コサギ、トビ、カワセミさま、コゲラ、アオゲラ、オナガ、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、イワツバメ(今年初見)、ヒヨドリ、ウグイス(鳴き声)、メジロ、ムクドリ、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ、ホオジロ、カシラダカ、アオジ、コジュケイ(鳴き声)、ドバト、ガビチョウ 以上31種(2016TOTAL96種)

036t_convert_20160327132055.jpg
↑ 動きが速く不規則で、なかなか双眼鏡やレンズに入ってくれない。
118t_convert_20160327132132.jpg
↑ 小宮公園の林では、ガビチョウやコジュケイがよくさえずっていた。
123t_convert_20160327132149.jpg
↑ さらにお久しぶりのアオゲラ。
100t_convert_20160327132114.jpg
↑ 春の日差しのなかでカワラヒワやカシラダカも気持ち良さそうに羽を休めていた。
IMG_0458_convert_20160327132334.jpg
↑ 小宮公園から徒歩5分ほど、浅川の流れを望む。飛んでいるのは飛行機ではなくドバトです。
IMG_0455_convert_20160327132254.jpg
↑ キジといえばここだと期待したが、今日も出会えず……。
IMG_0456_convert_20160327132356.jpg
↑ 弁財天の池にはコガモとカルガモの群れ。
IMG_0453_convert_20160327132237.jpg
↑ 小宮公園の奥にある丘には桜が咲いていた。
130_convert_20160327132215.jpg
関連記事

スポンサーリンク

Secret

TrackBackURL
→http://kawasemidaruma.com/tb.php/429-679f8ded