スポンサーリンク


002t_convert_20160718234222.jpg

こうも暑いと、なかなか動くに動けない。結局、三日連続で部屋の片づけや大掃除をして、多少涼しくなった夕方から2時間ほど近場をまわった。

深大寺のそば屋で食べて、野川沿いを北上(御塔坂橋~野川公園~武蔵野公園)、さらに多磨霊園、武蔵野の森公園と自転車を進めた。こんなに蒸し暑いと鳥も出てきてないだろうなあと思ってたら、予想ズバリ的中でほとんど鳥の姿を見なかった。

野川では家族連れが列をなして水遊びをしていて、その近くにいるのはせいぜいカルガモとカラスくらいで、カワセミさまやサギも気配なし。おそらく少し離れた池や森の木陰で休んでいるのだろう。

一方、だだっ広い多磨霊園は人が少なくてよかったが、肝心の鳥も少なくてキジ蚊ばかりが大量に湧いて出てきた。

蚊による包囲網から逃げ出す途中にオナガの群れに遭遇し、追っ手に全身刺されながらも10枚くらいシャッターを切った。だいぶ成長してしまっていたが、幼鳥もだいぶ混じってたみたい。

調布飛行場の北側、武蔵野の森公園の池にいたのもカルガモの群ればかりで、バンやカイツブリの姿もみなかった。彼らもまた、葦原のなかでこの暑さをじっとやりすごしているのだろう。

本日確認できた野鳥
カルガモ、キジバト、バン(鳴き声)、ヒメアマツバメ、コゲラ(鳴き声)、オナガ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ(鳴き声)、ツバメ、ヒヨドリ、セッカ、ムクドリ、スズメ、カワラヒワ、ドバト 以上16種(2016TOTAL147種)

014_convert_20160718234503.jpg
↑ 頭頂部がごま塩のようになってるのでおそらく幼鳥だろう。
023t_convert_20160718234625.jpg
↑ オナガ語らいのひと時。
041t_convert_20160718234708.jpg
↑ 武蔵野の森公園にてカルガモ幼鳥軍団。
IMG_1382_convert_20160718234756.jpg
↑ ほおずき祭り三日目の深大寺参道。
IMG_1387_convert_20160718234816.jpg
↑ みごとなパフォーマンスで盛り上がる。
IMG_1400_convert_20160718234905.jpg
↑ 野川公園の自然観察センター近く。おれも川に飛び込みたい。
IMG_1401_convert_20160718234938.jpg
↑ 自然観察園で見たのはカラス数羽と、あとはコゲラがギーと一声鳴いただけ。
IMG_1402_convert_20160718235019.jpg
関連記事

スポンサーリンク

Secret

TrackBackURL
→http://kawasemidaruma.com/tb.php/464-a67bff33