スポンサーリンク


999t_convert_20160731082501.jpg

ようやく梅雨明けしたのはいいが、いくらなんでも暑すぎじゃないか。で、上写真は夏恒例、大磯の照ヶ崎海岸に海水を飲みにくるアオバトである。もはや説明もいらないだろう。

今朝はむしろハヤブサやクロサギがお目当てだったのだが、到着した9時以降は見ることはできなかった。地元の常連さんによると、朝早くにクロサギが出たというのでもっと早起きしとけばよかったなと。

8時台が干潮で、16時すぎの満潮に向けて徐々に潮が満ちていく展開。しょっぱな200羽ほどのアオバトの群れも出ていたが、そのあとはだんだん先細りして数羽からせいぜい20羽ほどの群れが20~30分おきに飛んでくる、というような状況だった。

ウミネコがたくさんいて、あとはアオバトが水を飲みに来る岩のうえになぜかメダイチドリが1羽だけぽつんとたたずんでいた。渡りの途中ではぐれてしまったのだろうか。

ほかに見られた種はドバトやトビなどわずかばかりで、結局アオバトに始まってアオバトに終わる一日だった。

本日確認できた野鳥
アオバト、メダイチドリ(今年初見)、ウミネコ(今年初見)、トビ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ウグイス(鳴き声)、ヒヨドリ、スズメ、ドバト、ワカケホンセイインコ 以上11種(2016TOTAL151種)

[広告] VPS

513t_convert_20160731082410.jpg
↑ 羽に赤紫の部分がないのでメスと思われる。
060t_convert_20160731082234.jpg
↑ 腹部は白っぽい。
136t_convert_20160731082255.jpg
↑ だいたい数羽~10羽前後の群れが多かった。
036t_convert_20160731082216.jpg
↑ 到着した9時ごろにはもっと多くの群れも。いまの時期、おそらく夜明け~9時ごろが狙い目のようだ。
431_convert_20160731082353.jpg
↑ 岩のうえに数羽。
872t_convert_20160731082445.jpg
↑ ずっと沖合でウミネコが獲物の奪い合いをしていた。長い魚だったがサヨリ?
619t_convert_20160731082427.jpg
↑ あまりの暑さにスズメもこの表情。
225_convert_20160731082327.jpg
↑ 伊豆半島にほかには伊豆大島や富士山のシルエットがよく見えた。
IMG_1510_convert_20160731082559.jpg
関連記事

スポンサーリンク

Secret

TrackBackURL
→http://kawasemidaruma.com/tb.php/467-88ce648f