スポンサーリンク


177t_convert_20161030211146.jpg

昼前に葛西臨海公園(江戸川区)に到着。海風がことさら冷たくなったこの時期、一番のターゲットはクイナ科のヒクイナやヒメクイナだったのだが、暗くなる16時半すぎまで粘ってどのクイナにもかすらなかった。いつもながらクイナてごわい。

葦原でクイナを待つ合間、鳥類園の池のまわりとあとは渚のほうまでぐるっと一周してみた。

各所でよく目立ったのはスズガモとキンクロハジロの群れで、ほかの冬ガモたちもちらほらと。オオバンも数が増えていた。

鳥類園の下の池(汽水池)はいつもに比べると鳥影が薄く、アオアシシギ5~6羽にあとはキセキレイやゴイサギ、ダイサギくらいしか見つけられなかった。

オナガの群れやカワセミさまが飛び交っていたのは、その西側に位置する上の池(淡水池)。特にカワセミさまは数羽がずっと観察窓の近くを往き来していて、最後の最後までほとんど出ずっぱりの状態だった。

海際の渚周辺では14時ごろ、カンムリカイツブリ5~6羽にハジロカイツブリも1羽だけ確認。野鳥保護区に指定されているため近寄れない東なぎさのほうに双眼鏡を向けると、ずっと遠くに立つ一本の杭のうえでミサゴが大きな魚をくわえていた。

本日確認できた野鳥
マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、キジバト、カワウ、ゴイサギ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、オオバン、アオアシシギ、ユリカモメ、ウミネコ、ミサゴ、カワセミさま、モズ(鳴き声)、オナガ、ハシブトガラス、ヤマガラ(鳴き声)、シジュウカラ(鳴き声)、ヒヨドリ、ウグイス(鳴き声)、エナガ(鳴き声)、メジロ、ムクドリ、スズメ、キセキレイ、ハクセキレイ、ホオジロ(鳴き声)、ドバト、ワカケホンセイインコ 以上38種(2016TOTAL161種) 

076t_convert_20161030211054.jpg
↑ 13時ごろ上の池にて。今日はオナガの群れが目立った。
331t_convert_20161030211525.jpg
↑ 下の池にてアオアシシギ。
343t_convert_20161030211557.jpg
↑ ハクセキレイにまじってキセキレイも延べ3羽ほど確認。
131t_convert_20161030211122.jpg
↑ カワセミさまもご健在。食欲の秋だからか、長いこと漁をしておられた。
245t_convert_20161030211249.jpg
↑ 海の波間にハジロカイツブリが1羽だけ浮いていた。
207t_convert_20161030211222.jpg
↑ コサギも食事に夢中。
IMG_2452_convert_20161030211628.jpg
↑ スズガモやキンクロハジロ、冬ガモの群れが目立った上の池。
IMG_2457_convert_20161030211658.jpg
関連記事

スポンサーリンク

Secret

TrackBackURL
→http://kawasemidaruma.com/tb.php/498-9038c85b