スポンサーリンク


5D1A1188t_convert_20170125212758.jpg

用事ついでに午後、立川駅の近くにある昭和記念公園に寄ってみた。調布からは片道15kmほどで、運動がてら自転車で移動。

入園料が410円で、もとをとるには2~3種くらい今年初見の鳥を見つけてやらねばと打算的に気合を入れたのだが、2時間ほどの滞在で収穫ゼロ。物事もとをとろうとするとダメですね、やはり無心が一番。

園内の南側にある水鳥の池を一周して、目立ったのはシジュウカラやエナガちゃん、メジロといった小鳥の群れに、あとはヒドリガモやカルガモ、カイツブリといった水鳥が少々。カワラヒワやアトリの20羽くらいの群れもそれぞれ見ることができた。

途中、バードサンクチュアリの観察窓を覗くと、カワセミさまが池のほとりで夕方の漁に精を出しておられた。

鳥の成果こそいまいちだったけれど、この時期、梅もほころび始めていて散歩するにはいい感じ。

本日確認できた野鳥
ヒドリガモ、カルガモ、カイツブリ、キジバト、カワセミさま、コゲラ、オナガ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、エナガ、メジロ、ムクドリ、シロハラ、ツグミ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ、アトリ、シメ(鳴き声)、カシラダカ、アオジ、ドバト 以上25種(2017TOTAL67種)

5D1A1387t_convert_20170125212816.jpg
↑ ハクセキレイとセグロセキレイが縄張り争いをしているようだった。
5D1A1098t_convert_20170125212740.jpg
↑ 池の北側にあるバードサンクチュアリにてカワセミさま。
IMG_4359_convert_20170125212906.jpg
↑ バードサンクチュアリの観察窓。
IMG_4354_convert_20170125212851.jpg
↑ 水鳥の池にはヒドリガモやカイツブリ、ハクセキレイがいた。
IMG_4352t_convert_20170125212834.jpg
関連記事

スポンサーリンク

Secret

TrackBackURL
→http://kawasemidaruma.com/tb.php/529-c18be69f