スポンサーリンク


5D1A1801t.jpg

早朝から晴れて、びゅうびゅうと風の吹きつけてくる一日だった。風が強すぎるのは、鳥見的にもマイナスだろう。

強風にあらがいながら中川沿いを9kmほど歩き、確認できた野鳥は29種(歩いたのは埼玉県幸手市と茨城県五霞町のあたり)。

アトリやシメ、カシラダカといった冬鳥を数羽ずつ見かけたほか、コガモとマガモもけっこう残っていた。

菜の花の咲く土手に寝転がってコチドリにレンズを向けていると、その向こうにちらっとタシギの姿が見えたが逃してしまう。おしい、もうちょいだったのに。

あと、去年このあたりで見かけたシラコバトを意識して探してみたのだが、ドバトの群れやキジバトばかりで今日はかすりもしなかった。埼玉周辺に局地的に生息している鳥だが、会えるかどうかはやはり運次第であるようだ。

夕方になるとさらに風が強まり、ふるえながら帰路につく。シラコバトは見られなかったし、ここはまたリベンジしないと!

本日確認できた野鳥
マガモ、カルガモ、コガモ、キジバト、アオサギ、コチドリ(今年初見)、タシギ、イソシギ、トビ、カワセミさま(鳴き声)、チョウゲンボウ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヒバリ(鳴き声)、ヒヨドリ、ウグイス(鳴き声)、ムクドリ、ツグミ、ジョウビタキ(鳴き声)、スズメ、キセキレイ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、アトリ、カワラヒワ、シメ、ホオジロ、カシラダカ、アオジ、ドバト 以上29種(2017TOTAL113種)

歩行距離 9.67km 高度81~85m
20170319.jpg

5D1A1881t.jpg
↑ チョウゲンボウの求愛給餌。プレゼントは新鮮な野ねずみのようだ。
5D1A1828t_convert_20170319214921.jpg
↑ イソシギやコチドリはけっこう見かけたのだが。
5D1A1811t_convert_20170319214908.jpg
↑ キアシシギかと思ったが、これもイソシギですよね?
5D1A1940_convert_20170319215024.jpg
↑ シラコバトの姿はなく、出てくるのはドバトやキジバトばかり。
5D1A1858t_convert_20170319214936.jpg
↑ 目やくちばしが赤くなった婚姻色のアオサギも。
IMG_5396t_convert_20170319215113.jpg
関連記事

スポンサーリンク

Secret

TrackBackURL
→http://kawasemidaruma.com/tb.php/547-429c5088