スポンサーリンク


5D1A7189t.jpg

最高気温25度オーバー、今日も汗ばむような陽気だった。

いくらか涼しそうな場所を選び、向かったのは高尾山麓の日影沢林道。しかし、渓流沿いの林道までただ涼みに行ったようなもので、夏鳥たちの気配はまだ薄かった。

山のふもとあたりの12km強をゆるゆる歩き、姿を見られた夏鳥はオオルリだけ。ヤブサメはあちこちでよく鳴いていたが、クロツグミは延べ2~3羽のさえずりを聞いただけで、キビタキとセンダイムシクイにいたっては完全に空振った。

留鳥(または漂鳥)のヤマガラとメジロ、シジュウカラはけっこういて、ヤマガラ2羽がぶるぶる体を震わせながら飛び交うシーンも。あれは何をしていたのだろう。求愛給餌とか威嚇行為なのか、それともヤマガラ界のなにかの儀式?

今年初見のコジュケイもようやく一目確認。アオバトとイカルは、鳴き声だけ遠くちらっと聞いた。

さてさて、ちなみに本日発売の「BIRDER」の特集は「カワセミ類大全」ですよ。



本日確認できた野鳥
キジバト、アオバト(鳴き声)、アオサギ、ヒメアマツバメ、トビ、コゲラ、アオゲラ(鳴き声)、カケス、オナガ(鳴き声)、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス(鳴き声)、ヤブサメ(鳴き声)、エナガちゃん(鳴き声)、メジロ、ミソサザイ、クロツグミ(鳴き声)、ツグミ(鳴き声)、オオルリ、スズメ、ハクセキレイ、イカル(鳴き声)、ホオジロ(鳴き声)、アオジ(鳴き声)、コジュケイ(今年初見)、ドバト、ガビチョウ(鳴き声) 以上31種(2017TOTAL123種)

5D1A7238t.jpg
↑ オオルリは延べ4~5羽を確認。
5D1A7275t.jpg
↑ オスがさえずっといると、やがてメスがやってきた。
5D1A7144_convert_20170416203558.jpg
↑ 今年初認のコジュケイ。一羽だけ、一瞬だけ。
5D1A7143_convert_20170416203523.jpg
↑ トビと飛行機雲。このあとツミらしき鳥が突っかかっていくのを遠目に見た。
IMG_6206.jpg
↑ 10時半、林道の入口にて。
IMG_6208.jpg
↑ 鳥はさほど多くなかったけれど、涼しくて気持ちよかった。
IMG_6209.jpg
関連記事

スポンサーリンク

Secret

TrackBackURL
→http://kawasemidaruma.com/tb.php/557-667bf1ef