スポンサーリンク


5D1A9654t.jpg

朝9時すぎに檜原都民の森の入口に到着。

標高1000メートル付近をスタート地点にして鞘口峠(さいぐちとうげ)、風張峠(かざっぱりとうげ)を越え、奥多摩湖畔へと高度を下げながら抜けていくコースをたどる。

期待していたほど夏鳥は多くなく、双眼鏡をかまえる機会も少なかったのだが、それでもオオルリやヤブサメ、今シーズン初見のキビタキがぽつぽつとその姿を見せてくれた。

鞘口峠の先、去年クロツグミを見かけたあたりに腰をおろして休憩していると、現れたのは2羽のキビタキ。時々さえずりながらお互いを意識しているふうである。南から渡ってきたばかりで、ちょうど陣取り合戦の最中なのだろう。クロツグミのほうは気配なし。

一方で、鞘口峠を越えた標高1200メートル地点では、居残り組のアカハラとツグミ3~4羽の影がちらついていた。もう初夏といっていい気候なのに、ずいぶんゆっくりと奥多摩滞在を満喫しているようだ。

峠を越えて奥多摩湖に近づくと、湖にそそぐ渓流沿いをミソサザイやカワガラスがさえずりながら行き来していた。大気が不安定なようで、14時ごろには通り雨にふられ、小さなお堂の軒下で雨宿りしながら早めに撤収。

本日確認できた野鳥
アオバト(鳴き声)、カワウ、トビ、コゲラ(鳴き声)、アオゲラ(鳴き声)、アカゲラ(鳴き声)、カケス、オナガ(鳴き声)、コガラ、ヤマガラ、ヒガラ、シジュウカラ、ツバメ、イワツバメ、ヒヨドリ、ウグイス(鳴き声)、ヤブサメ(鳴き声)、ミソサザイ、ムクドリ、カワガラス、アカハラ、ツグミ、キビタキ(今年初見)、オオルリ、ドバト、ガビチョウ(鳴き声) 以上26種(2017TOTAL137種)

歩行距離10.21km 高度572~1252m
20170429.jpg

5D1A9609t.jpg
↑ 鞘口峠のあたりで、今年初見のキビタキしゃん。
5D1A9708t.jpg
↑ 奥多摩湖近くの渓流では、気持ちよさそうに沐浴している個体もあった。
5D1A9745t.jpg
↑ キビタキは4羽ほど確認できたが、オオルリはこの1羽だけだった。同じく湖近くの渓流にて。
5D1A9488t.jpg
↑ コガラやヒガラなどのカラ類はこのあたりの定番。
5D1A9542t.jpg
↑ 飛び立つカケスをぎりぎり捉えた。
IMG_6756.jpg
↑ 9時すぎ、檜原都民の森の入口にて。
IMG_6779.jpg
↑ 奥多摩湖へと注ぐ渓流には、ミソサザイやカワガラスがいた。
IMG_6782.jpg
↑ 渓流沿いをくだっていると空模様があやしくなってきた。
IMG_6797.jpg
↑ 雨があがって緑があかるかった。山のふるさと村にて。
IMG_6810.jpg
↑ 奥多摩湖畔の散策路をたどる。
IMG_6813.jpg
↑ 小河内神社のあたりにかかるドラム缶橋。
IMG_6792.jpg
関連記事

スポンサーリンク

Secret

TrackBackURL
→http://kawasemidaruma.com/tb.php/562-93e42270