スポンサーリンク


5D1A0409t.jpg

ヒバゴンのいる山間から広島市内に移動し、昼すぎ、八幡川の河口付近の様子をかるく見てきた。

海面を飛んでいたり浮いていたりする鳥とはだいぶ距離があって、双眼鏡とカメラを使ってなんとか識別できる範囲でカウント。

ミサゴ複数羽にトビ、カモメが舞っていたほか、ウミアイサやカンムリカイツブリ、キンクロハジロ、オオバンの群れが波間をただよっていた。さらに、ヒドリガモもたくさんいて、そのなかにはアメリカヒドリとの交雑種も。

一方、海際に広がる葦原は立入禁止エリアで、フェンス越しにモズやベニマシコ、ツグミを確認した。

そのあと、ツリスガラを狙ってしばらく粘ってみたが、とうとう出てきてくれずにタイムオーバー。広島駅を経由して東京駅に着いたのは20時すぎで、「西郷どん」を見逃してしまった!

以下のリストのうちカワガラスとミソサザイは、早朝、比婆山のふもとの渓流を鳴きながら往き来していた。

本日確認できた野鳥
ヒドリガモ、アメリカヒドリ、マガモ、オナガガモ、キンクロハジロ、ウミアイサ、カンムリカイツブリ、カワウ、オオバン、カモメ、セグロカモメ、ミサゴ、トビ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヤマガラ(鳴き声)、シジュウカラ、ヒバリ(鳴き声)、ヒヨドリ、ミソサザイ(鳴き声)、カワガラス、ツグミ、スズメ、ハクセキレイ、カワラヒワ(鳴き声)、ベニマシコ、ホオジロ(鳴き声)、ドバト 以上29種(2018TOTAL128種)

みずどりの浜公園 徒歩約3km
20180325.jpg

5D1A0489t.jpg
↑ 時期的なものか、カモメのくちばしの黄色が濃いような。
5D1A0225t.jpg
↑ 沖合には、キンクロハジロとオオバンの群れが浮いていた。
5D1A0142t.jpg
↑ そのすこし手前のほうにウミアイサがいた。
5D1A0276t.jpg
↑ ヒドリガモの群れのなかに、アメリカヒドリ(交雑種)の姿も。
5D1A0355t_20180326005953637.jpg
↑ ウミウかなと思いきやカワウだった。
5D1A0457t.jpg
↑ 公園の奥に広がる葦原では、ベニマシコがたまに鳴いていた。
IMG_6896.jpg
↑ 残念ながら、この向こうはフェンスで仕切られ立入禁止。
5D1A0399t_2018032600595116c.jpg
↑ たくさんいるのに鳥たちが遠い。
IMG_6901_2018032601132406d.jpg
↑ 海沿いの散策路に沿っていくつか観察小屋が設置されていた。
IMG_6889.jpg
関連記事

スポンサーリンク

Secret

TrackBackURL
→http://kawasemidaruma.com/tb.php/679-3da9e569