FC2ブログ
スポンサーリンク


5D1A0519t.jpg

あっけなく梅雨があけ、やってきました2018真夏。

6月中の梅雨あけなんて記憶になく、そのぶん水不足が心配ではあるけれど盛夏を満喫できそう。早速10時ごろ深大寺で手を合わせ、さらに井の頭公園(武蔵野市)、武蔵関公園(練馬区)、小金井公園(小金井市)とはしごした。

気温はゆうに30度を超えてどこも鳥影が薄かったが、いくらか涼しい水辺にはカイツブリ親子やカルガモ、カワウの姿が。武蔵関公園では、しばらくぶりにカワセミさまも参拝できた。おなかの毛がまだ薄黒かったので今年生まれの幼鳥だろう。

吉祥寺で散髪したりところどころで休憩をとりつつ、小金井公園をさらりと通過したのは14時すぎ。この暑さでも子どもたちがけっこう遊んでいて、ハシブトガラスやキジバト、スズメを見かけたほかはここにも鳥の気配がほとんどなかった。

本日確認できた野鳥
カルガモ、カイツブリ、キジバト、カワウ、カワセミさま、コゲラ(鳴き声)、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ(鳴き声)、ウグイス(鳴き声)、エナガちゃん、ムクドリ、スズメ、ドバト 以上16種(2018TOTAL147種)

深大寺参道~井の頭公園~武蔵関公園~小金井公園~武蔵境駅 自転車31.23km 高度44~82m
20180630.jpg

IMG_1069.jpg
↑ 10時ごろ、深大寺の山門前に着く。
IMG_1080.jpg
↑ 朝のこの時刻、参拝者は少なくのんびりできた。
IMG_1086.jpg
↑ 本堂前に置かれたオオムラサキの飼育ケージ。サナギのほか、きれいな成虫の姿もあった。
IMG_1067.jpg
↑ 参道入口、鬼太郎茶屋の前で。
5D1A0449t_201806302156252d6.jpg
↑ 井の頭公園の池で見かけたカイツブリ親子。
5D1A0468t.jpg
↑ 上の親子とはまた別の組の幼鳥たち。
5D1A0460t_201806302156387ad.jpg
↑ あとはいつもどおりカルガモとかツバメとか。
IMG_1137.jpg
↑ 池を半周して、奥に見えるのは井の頭弁財天。
5D1A0493t.jpg
↑ 井の頭公園から北上し、武蔵関公園ではカワセミさまを参拝。
5D1A0475t.jpg
↑ ここにもカイツブリ親子の姿があった。
IMG_1140t.jpg
↑ 水辺の木陰でひと休みしていると、どこからかカワセミさまのハスキーボイスが聞こえた。
IMG_1142.jpg
↑ 昼下がりの小金井公園。干からびるような暑さだった。
関連記事

スポンサーリンク

Secret

TrackBackURL
→http://kawasemidaruma.com/tb.php/714-158031cd