FC2ブログ
スポンサーリンク


5D1A3250t.jpg

雨のあがった10時前、新豊橋駅を出発。渥美半島の先端にある伊良湖岬まで、列車と路線バスを乗り継いで移動した。

芦原駅で途中下車し、梅田川河口、そして汐川干潟を経て、やぐま台バス停までの12kmあまりは徒歩。梅田川の堤防に出るとすぐ、ノスリ、ミサゴ、ホオアカが矢継ぎ早に姿を見せてくれた。ホオアカは今年初見。

その河口付近には、ところどころにコガモの群れがいて、あとはマガモのペアや20羽ほどのオナガガモも。キンクロハジロとヒドリガモ、今秋初見のホシハジロも1羽ずつ確認。

そして、海に沿ってさらに南下し、汐川干潟が見えてきたのはちょうど干潮の13時半ごろだった。ここは期待どおりとはいかず、手前の水路をノスリとカラスが横切ったくらいで、広々とした干潟にほとんど鳥の気配はなかった。

干潟近くにあるバス停から路線バスに乗り、伊良湖岬に着いたのは15時半すぎ。夕日の沈んでいく沖合を海鳥がたくさん舞っていたが、遠すぎてその正体はわからなかった。

本日確認できた野鳥
ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、オナガガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コチドリ、シロチドリ、キアシシギ、ミサゴ、トビ、ノスリ、コゲラ(鳴き声)、アオゲラ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヒバリ、ヒヨドリ、ムクドリ、ジョウビタキ、イソヒヨドリ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ、ホオアカ(今年初見)、ホオジロ、ドバト 以上34種(2018TOTAL165種)

豊橋鉄道・芦原駅~梅田川河口~汐川干潟~伊良湖岬 徒歩、バス50.91km 高度5~57m
20181027.jpg

5D1A3215t.jpg
↑ 梅田川ではすぐにノスリ、続いてミサゴが飛んだ。
5D1A3328t.jpg
↑ コガモとその奥にいるのはヒドリガモ。目の周りの模様からするとアメリカヒドリとの交雑種のよう。
5D1A3302t.jpg
↑ 換羽中のマガモも。
5D1A3358t.jpg
↑ 今シーズン初見のホシハジロ。梅田川の河口で。
5D1A3374t.jpg
↑ その近くにオナガガモが集まっていた。
5D1A3332t.jpg
↑ さらにコチドリが1羽。
5D1A3342t.jpg
↑ 上と同じ個体、正面。
5D1A3398t.jpg
↑ 続いて飛んできたのはシロチドリ4羽。
5D1A3426t.jpg
↑ 河口から汐川干潟へ向かう途中、今シーズン初見のジョウビタキ。
5D1A3445t.jpg
↑ 田んぼの上空でヒバリがさえずっていた。
5D1A3458t.jpg
↑ 干潟の手前で本日2羽目のノスリ登場。カラスに追いかけられていた。
5D1A3528t.jpg
↑ やぐま台の水路にキアシシギがいるのをたまたま見つけた。
5D1A3538t_20181027213348a10.jpg
↑ 伊良湖岬にてウミネコの幼鳥? 海鳥はよくわからないのでカウントせず。
IMG_5803.jpg
↑ 梅田川の河口を目指す。10時すぎはまだ曇っていた。
IMG_5813.jpg
↑ 河口に着くころには青空が広がってきた。
IMG_5822.jpg
↑ 13時半、干潮時の汐川干潟。沖のほうをカラスが飛んだくらいで、鳥はほとんど見当たらなかった。
IMG_5851.jpg
↑ 本日の旅の終着点、伊良湖岬。海の向こうは三重県で、鳥羽行きのフェリーが就航している。
5D1A3614t.jpg
関連記事

スポンサーリンク

Secret

TrackBackURL
→http://kawasemidaruma.com/tb.php/760-2bb1710f