FC2ブログ
スポンサーリンク


5D1A4043t.jpg

朝6時10分。高原の拠点施設、乗鞍観光センターの駐車場脇から始発のシャトルバスに乗る。

標高1500m地点を出発したバスは、乗鞍エコーラインをうねうね走行しながら高度を上げ、50分ほどで標高2702mの畳平に着いた。山岳天気予報を見ると、すくなくとも午前中のうちは登山指数Aだったが、バスを降りるとあたり一面の濃霧。気温6、7度かもっと低いくらいで、さらに強風が吹きつけてきて凍えるようだった。

今回は天気を見ながらの行き当たりばったりの旅で、畳平からむりして登る気はまったくない。11時5分発の復路バスを使うことにして、それまでの約3時間、バスターミナル周辺の登山道で鳥を探した。

それにしても、この悪天候である。鳥はいるのかと思いながら歩いていると、霧のなかをまず舞ったのはホシガラス。しかし、強風に飛ばされて一瞬で消えるので追いきれない。

そのホシガラスが斜面に広がるハイマツ林にもぐりこむと、松ぼっくりから種子を取り出す際にパチ、パチとかすかに音がする。それを居場所のヒントに、ようやく落ち着いてその姿を見ることができた。

また、このあたりの動植物のシンボルといえるのが、国の天然記念物ライチョウだろう。本当なのかどうか、この鳥、霧があったほうがよく出ると聞くこともある。今日はたまたまそのとおりの天気で、4羽がうろついているのを運よく見つけることができた。

余談だが、15年ほど前に立山の室堂平を訪れ、仕事でライチョウを探したことがある。そのときは5、6人がかりでなかなか発見できず、どうしてこんなところで鳥なんか探してるんだろう、と雄大な景観のなかで己の人生に疑問を感じたものだ。それがいまでは自主的に鳥を探しまわっているのだから、ひとは変われば変わるものだ、と思う。

そして今日、ホシガラス、ライチョウに続いて目にしたのは、これも森林限界より上のほうに主に生息しているイワヒバリ。ホシガラスにしてもイワヒバリにしても鳴かないので苦労したが、そろそろ帰りのバス時刻を意識する10時半ごろになってハイマツ林から出てきたイワヒバリ1羽を見つけた。

ちょろちょろ動きまわって逃げるふうでもなく、熱心にえさを探していたようだ。カヤクグリによく似ているものの、カヤクグリよりやや大きく、羽に白い部分が交ざる。くちばしの下部分が黄色いのもカヤクグリと異なる点だろう。

考えてみれば、畳平に登ってから見た鳥はけっきょくこの3種だけ。リリリリと鈴の音色ような鳴き声がしたと気になったのは、もしかすると登山者がつけていた熊鈴の音だったかもしれない。あるいはカヤクグリとか?

そして、イワヒバリと別れたあとはシャトルバスで乗鞍観光センターに戻り、正午すぎ、そばにある温泉施設でひと息入れて東京に帰ってきた。下記リストのうち最初の3種以外は、乗鞍高原の林やその帰路に見かけた鳥である。

この三日間、常に天気を心配していたが、けっきょく一度も合羽や傘を使わずにすんだ。

本日確認できた野鳥
イワヒバリ(今年初見)、ホシガラス、ライチョウ(今年初見)、トビ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ツバメ、ヒヨドリ、スズメ、イカル(鳴き声)、ホオジロ(鳴き声)、ドバト 以上12種(2019TOTAL181種)

乗鞍観光センター~畳平~乗鞍高原~甲府 車、シャトルバス、徒歩167.5km 高度307~2764m
20190929.jpg

5D1A3674t_201909292350366f7.jpg
↑ 高山植物の種子(?)をおいしそうに食べるライチョウ。
5D1A4215t.jpg
↑ 登山道を歩いていると、ハイマツ林からたまにホシガラスが飛び出してくる。
5D1A4203t.jpg
↑ パチパチと音を立てながらハイマツの種子を食べていた。
5D1A4298t.jpg
↑ イワヒバリもこの種子が好物のもよう。
5D1A4470t.jpg
↑ くちばしの下部分は黄色く、カヤクグリとはちょっと違う。体のサイズもやや大きい。
IMG_8472.jpg
↑ 朝7時ごろ、標高2702mの畳平バスターミナルに到着。寒い。
IMG_8532.jpg
↑ バス乗り場としては日本一の高さにあるとのこと。
IMG_8482.jpg
↑ 近くにある魔王岳、標高2764mにはバスターミナルから片道15分ほどで登れる。
IMG_8556.jpg
↑ 霧が流れると、バスターミナル直下にある鶴ヶ池がうっすらと見えた。
IMG_8573.jpg
↑ 木道を歩きながら鳥を探す。鳴き声らしきものはほとんど聞こえなかった。
5D1A4220t_20190929235034087.jpg
↑ 周囲は高山植物の宝庫で、中部山岳国立公園に指定されている。ちなみに乗鞍岳というのは、剣ヶ峰(3026m)を主峰とする周囲の山々の総称だ。
IMG_8608.jpeg
↑ シャトルバスから紅葉も見られた。色が青っぽいのは、窓に貼られたフィルムによる。畳平をくだってくると、青空の割合がどんどん増えていった。
IMG_8604_20190930000242630.jpg

スポンサーリンク

2019092820274577f.jpeg

朝、コンビニATMで現金をおろそうと思ったら、最寄りのセブンイレブンまで25kmも離れていた。知られた観光地だしカードやスマホ決済もいけるでしょと油断してたら、ほとんどのシーンで現金しか使えずにこの有様である。

ようやくおろした現金でシャトルバスの往復料金と駐車料金を支払い、向かった先は上高地。通年マイカー規制がされていて、標高1500m付近の上高地に行くには途中からタクシーかシャトルバスを使うしかないのだ。

そして、11時半ごろに終点のふたつ手前、大正池のバス停で下車し、梓川沿いの木道をたどって上流にかかる河童橋まで3.5kmあまりを歩いた。

出発地点の大正池にいたのはマガモとコガモ、そしてオシドリも1羽。今シーズンようやく冬ガモを見たと喜んだが、木道脇の説明板によると、このあたりでは通年見られる留鳥で繁殖もしているのだそうだ。

そのあと、ヤナギ類やカラマツなどが茂る木道をたどりながら見たのは、たくさんのコガラとゴジュウカラ。その2種が圧倒的に多くてさらにカケスやヒタキ類、アオジ、またしても正体不明のムシクイなどがところどころで交ざる。竹の低床にたくさんいたウグイスと、梓川にいたカワガラスは鳴き声のみのご出演。

のんびり歩き、上高地のシンボルといえる河童橋には14時半ごろ着く。休憩がてら穂高連峰を眺めていると雨が降ってきたので、周囲の土産店などの見学もそこそこに、ふたたびシャトルバスで駐車場のあるふもとに戻った。

そして一日の締めくくりに、車を20分ほど走らせて白骨温泉で700円の立ち寄り湯を使ったあと、夕暮れどき、見晴らしのいい山道をうねうね走って乗鞍高原の宿には18時到着。これくらいの時刻には、高原に点在するほとんどの店が閉まっていて、あたりは墨で塗りつぶしたように暗い。

朝のコンビニ探しから始まって、振り返ってみれば、今日もあわただしく落ち着かない一日だった。

本日確認できた野鳥
オシドリ、マガモ、コガモ、カワウ、イカルチドリ、コゲラ(鳴き声)、カケス、コガラ、ヒガラ、ヒヨドリ(鳴き声)、ウグイス(鳴き声)、エナガちゃん、ゴジュウカラ、カワガラス(鳴き声)、エゾビタキ、サメビタキ(今年初見)、キビタキ、キセキレイ、セグロセキレイ、アオジ 以上20種(2019TOTAL179種)

乗鞍高原〜上高地〜白骨温泉〜乗鞍高原 車、シャトルバス、徒歩84.26km 高度712〜1673m
20190928224729956.jpeg

201909282027476e6.jpeg
↑ 腹の下面が黒いこの個体もサメビタキかな。
20190928202814332.jpeg
↑ 大正池でオシドリ1羽。
20190928202837230.jpeg
↑ 標高の高いこのあたりでは、マガモは基本的に留鳥のようだ。
20190928203813640.jpeg
↑ コガモともしばらくぶりに再会。
2019092820274798b.jpeg
↑ イカルチドリ2羽が並んで下流へ。
2019092820282310f.jpeg
↑ 白樺峠に続き、ゴジュウカラとコガラがやたらと多かった。
20190928202816616.jpeg
↑ アオジもしばらくぶりのような。
20190928205012d1c.jpeg
↑ 大正池と、その奥に見えるのは活火山の焼岳。
201909282050238b9.jpeg
↑ 大正池から梓川に沿った木道をたどって河童橋を目指す。
20190928205023da6.jpeg
↑ 14時半ごろ、河童橋に到着して落ち着く間もなく雨が降り出した。
201909282050220c7.jpeg
↑ 今日はあいにくの天気だったが、そのうち登りたい。
201909282050209c6.jpeg

スポンサーリンク