fc2ブログ
スポンサーリンク


E4A770B1-0C27-4368-867E-04B8058BF814.jpeg

明けたのかと思っていたら梅雨が本当に明けてしまった。まだ6月というのに、庭に干した布団と洗濯物が自然発火しそうな酷暑である。

草むしりをするのは危険と判断し、日中は戸を開け放って風を通しながら忠実に自宅警備員をやった。そして、少し涼しくなった夕方に買い物に出て、めしはつみれや木綿豆腐、しらたきを使った鍋にした。

こんな鍋、暑い日に食うものではないと思うが、どうせ暑いなら行き着くところまで行ったれの精神だ。室内の気温が数度は上昇した気がして汗だらだらだったが、暑いのはともかく素材に助けられて味は上々だった。

しかし、これだけ暑いと、冷えた麦茶と冷凍みかんが倍増してうまい。こういう冷たくておいしいものをたくさん食べて、今夏の暑さをしのぎきりたい。

本日確認できた野鳥
キジバト(鳴き声)、オナガ(鳴き声)、ヒヨドリ(鳴き声) 以上3種(2022TOTAL144種)

900F8CA5-4480-4619-A725-F660D79D8FC4.jpeg
↑ ランチはナッシュの「イカのトウチソース」。
4511BEAC-5A3C-4366-B2F6-100B6E6F8374.jpeg
↑ 夕食、翡翠グラスでまずは冷えたジンソーダ。
BD88F3C5-1E10-4F64-90A8-00CD00227DA4.jpeg
↑ 糸三つ葉やキャベツなど、今夜の野菜。
A0DEBF0B-C938-45F4-BE6A-E0A75345B253.jpeg
↑ 主役のつみれ団子と一緒に投入する。
127CBB6A-5E8C-48B1-A9DA-D16793661ACA.jpeg
↑ 蓋をして煮込みながらあえて室温を上げてサウナ状態にする。もちろんクーラーは今夏まだ一度も使っていない。
ED180AA7-1918-4D76-AF5C-A196E9FE017B.jpeg
↑ 暑いぶん、冷えた麦茶と酒が倍増してうまい。鍋の締めは素麺。
1CB4B7FD-BC5C-4D8B-8AFA-B9EA0553CBDF.jpeg

スポンサーリンク

789E3285-A1AE-4D09-BF46-1BF7D09C3DE5.jpeg

梅雨はもう明けてしまったのか、と6月とは思えないその暑さにビビりつつ晩めしは熱々のトマトリゾット。ごはんのほか、いずれも買い置きの鶏もも肉110gと玉ねぎ(1/4個)、S&Bのボルシチのもとを使った。

かんたんにいえば焼いて煮るだけなのですぐ出来る。最後にチーズ粉末とパセリをふりかければ完成だ。

朝っぱらから修行のため秩父往復して空腹だったので、あっという間に食べ終えた。そして、デザートは冷凍みかん。

この酷暑に対抗していくには、きちんと食べて水分、睡眠をしっかりとるしかない。それにしても暑い。

本日確認できた野鳥
ホトトギス(鳴き声)、ツツドリ(鳴き声)、カケス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス(鳴き声)、エナガちゃん(鳴き声)、メジロ(鳴き声)、ミソサザイ(鳴き声)、クロツグミ(鳴き声)、キビタキ(鳴き声)、スズメ、イカル(鳴き声)、ホオジロ、ドバト、ガビチョウ(鳴き声) 以上18種(2022TOTAL144種)

調布〜秩父周辺〜調布 バイク201km
78E23C5D-53EB-42E5-B839-A00D534CDBF2.jpeg

1D403E10-CF3A-4C48-9CF5-84EA2E0C55A5.jpeg
↑ 午前中、長瀞の峡谷を通りかかる。朝っぱらから暑かった。
CECB89E8-23B8-4E14-A069-4A4AC3581BED.jpeg
↑ 秩父の帰路、埼玉の県民の森に寄り道する。夏鳥ではキビタキとクロツグミ、ツツドリが鳴いていた。
137CC01B-A857-44C1-B345-1AECEEF52190.jpeg
↑ 昼めしは鶏むね肉サラダとミネラルウォーター。
03D6FFF2-788C-4B91-BE7E-B2234AFB27AF.jpeg
↑ 翡翠ロゴのオリジナルグラスが付いていた翠ジンソーダ。おまけ効果でつい買ってしまった。
C5A3C7F6-017B-4295-BD4C-E5678A928669.jpeg
↑ オリーブオイルを引き、鶏肉、玉ねぎを順番に炒める。
B71E4730-7940-4C2B-9F4E-A04B58E44B45.jpeg
↑ ごはん250gと水240ml、S&Bのボルシチのもとを加えて数分煮込む。
EE50804B-D103-455E-B900-A0AFDA784880.jpeg
↑ 途中でチーズ粉末を混ぜ込む。
C4F28629-115C-4E94-95BA-2454D565D9D1.jpeg
↑ 水気を飛ばしながらさらにしばらく煮込んで皿に盛れば出来上がり。
DC770878-BA88-4D8B-B5B2-719F4763DD37.jpeg

スポンサーリンク