FC2ブログ
スポンサーリンク


5D1A3383r.jpg

まだ真っ暗な早朝、奥多摩に向かう途中で白々と夜が明ける。

道すがら昨日の山梨レベルの積雪はほとんどなく、日陰の吹きだまりを除けば、山肌が全体的にうっすらと雪化粧しているくらいの印象。日が昇って気温が上がるにつれ、その雪もだいぶ解けてしまった。

上写真は、延べ5羽ほど見かけたベニマシコの1羽だ。

このほか、カケスとルリビタキ、ジョウビタキあたりもそれぞれ同数くらいを確認できた。ホオジロはもっとたくさん。

こう書いていると鳥がさも多いように思えるけれど、実際のところは、鳥影がそれほど濃くなかったので山道を時間をかけて往き来したのである。

また、昨日は1日でヤマドリ3羽をみて驚いたが、今日何回も出てきたのはクマタカ。

正午を挟んで2羽が飛び、そのあと下山して家屋が点在する集落沿いを歩いていたところ、畑の上の雑木林で1羽が枝にとまって鳴いていた。その近くでさらに別の1、2羽が鳴いていたので、一日でなんと延べ4、5羽のクマタカと行き合ったことになる(1、2羽とあいまいに書いたのは、同じ個体が移動して鳴いていた可能性があるため)。

最初の2羽がいた標高の高いところとは距離5km、高度400mの差があって、わたしの直感も含まれるがおそらく別グループだろう。ちょうど繁殖期にあたるためか、標高の低いところにいたクマタカはみなピヨピヨピーヨ、ピヨピヨピーヨというリズムでずっと鳴き続けていた。

クマタカ語はよくわからないものの、警戒するような声音ではなく、おそらく求愛の声だったのではないか。スマホでその声を録音したので、インターネットなどで自分なりに調べてみたい。

そして、クマタカたちが合唱しているというのに、ほかの鳥たちもそばで平然と活動していた。川沿いをカケス、アカゲラ、シジュウカラ、カワウなどが行き来していて、そのなかには今年初見のカヤクグリも。枝のなかにいるのを撮らせてもらい、後ろのほうで鳴りやまないクマタカたちの声に送られつつ帰路につく。

本日確認できた野鳥
カワウ、クマタカ(今年初見)、コゲラ(鳴き声)、アカゲラ(鳴き声)、カケス(今年初見)、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヤマガラ(鳴き声)、シジュウカラ、ヒヨドリ、エナガちゃん、カワガラス(鳴き声)、ルリビタキ、ジョウビタキ、カヤクグリ(今年初見)、キセキレイ、カワラヒワ(鳴き声)、ベニマシコ、ホオジロ、カシラダカ、ガビチョウ(鳴き声) 以上21種(2020TOTAL107種)

奥多摩 徒歩9.41km
20200119.png

5D1A3200r.jpg
↑ ベニマシコのオス。はっきりとしたオスはこの1羽だけで、ほかの4羽ほどはメスのようだった。
5D1A3269t_20200119213206ed4.jpg
↑ 本日のルリ嬢。ひとなつこく、付近をずっとうろちょろしていた。
5D1A3298t.jpg
↑ 11時40分、まずクマタカ1羽目。昨日の雪で濡れた羽はもう乾いただろうか。
5D1A3329t.jpg
↑ 12時7分、ぼけちゃったけれど近くで2羽目。左の風切羽の一部が欠損していて、1羽目と違う個体と推測される。
5D1A3419t.jpg
↑ 400mほど標高を下げて14時58分、3羽目。数百メートル離れたところにいるほかのクマタカとずっと鳴き交わしていた。
5D1A3389t.jpg
↑ 集落の電線のすぐ上を飛ぶ。
5D1A3467t.jpg
↑ クマタカが鳴いているそばにいたカヤクグリ。
5D1A3212t.jpg
↑ 朝、場所によってはけっこう積もっているところも。
IMG_3439.jpg
↑ 日陰で一部ガチガチに凍った岩場。場所によってはアイゼンなどの冬山装備が必要だろう。
IMG_3400.jpg

スポンサーリンク

IMG_0977t.jpg

あたたかい一日で、雪など降る気配がなかった。それはそれで物足りない気もするが、空気の澄んだこの時期、晴れた日の奥多摩路はとても気分がいい。

今朝は、昨日とは別の場所に向かい、渓谷がまだ明けきっていない7時前、双眼鏡で超遠目にヤマセミさま参拝。しばらく鳴いて上流に姿を消されると、ほとんど入れ替わりにひとが河原に入ってきた。ひとの気配に気づいて去ったというより、だいたいこの時刻になるとひとが現れる、と予測しているようなヤマセミさまの動きだった。

こうなると日中はしばらく出てこないだろうから、渓谷をあとに歩きまわって鳥を探すことに。

気配のあった鳥はだいたい昨日と同じで、カラ類やエナガちゃんの群れがたまに現れ、カシラダカ、ベニマシコ、ツグミ、カヤクグリといった冬鳥が単発で交ざる。全体的にいえば、曇天だった昨日のほうが鳥の出はよかったような?

鳥の出没率は40点ほどだったが、その代わりに多かったのは猿の群れ。大移動でもしているのか、あるいは群れ同士の抗争でもあるのか、朝っぱらから騒々しくあちこちで50頭以上は目撃しただろう。

そして、猿たちに包囲されるなかで6kmほど歩き、12時50分にほとんど真上を渡っていったのはクマタカ。しかし、逆光気味の方向に飛んだうえに、冬枯れの樹々がじゃまして撮れなかった。

さらに、昨日見なかった鳥、たとえば冬鳥ではアトリやマヒワ、ミヤマホオジロ、留鳥(漂鳥)ではヤマドリ、クロジ、ミソサザイあたりを狙い、今日はすべてきれいさっぱり空ぶった。このうちどれかいけるだろう、と思っていただけに無念ひとしお。

リベンジを期して、16時すぎに下山の途につく。そのころになると、いつの間にか猿の気配も消えていた。

本日確認できた野鳥
マガモ、カワウ、アオサギ、クマタカ、カワセミさま(鳴き声)、ヤマセミさま、コゲラ、アカゲラ(鳴き声)、カケス、ハシブトガラス、コガラ、ヤマガラ、ヒガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス(鳴き声)、エナガちゃん、メジロ、ゴジュウカラ、カワガラス(鳴き声)、ツグミ、ルリビタキ、ジョウビタキ(鳴き声)、カヤクグリ、スズメ、セグロセキレイ、カワラヒワ、ベニマシコ、ホオジロ、カシラダカ、アオジ 以上31種(2019TOTAL181種)

奥多摩 徒歩11.98km
20191208.jpg

IMG_1041t.jpg
↑ ゴジュウカラは3、4羽ほど見かけたような。
IMG_1047t.jpg
↑ 本日のルリビタキ氏。先導するように目の前を飛んでくれた。
IMG_0569t.jpg
↑ リリリ、リリリというカヤクグリの鳴き声もたまに聞こえた。上は、飛び立つ直前の姿。
IMG_0413t.jpg
↑ 今日は猿がやたらめったらに多かった。各写真、それぞれ別の個体。
IMG_0716t.jpg
↑ 来年はひょっとして申年か、と思ったら違った。子年だった。
IMG_0750t.jpg
↑ 葉っぱや茎をむしゃむしゃ食べているお猿が多かった。
IMG_0787t.jpg
↑ 一本ぜんぶ食いつくさんばかりの食欲。
IMG_0432t.jpg
↑ このお猿さんはちょっと小柄でまだ若いような。
IMG_0602t.jpg
↑ 温泉にでも浸かってるようなこの表情。
IMG_2164.jpg

スポンサーリンク