FC2ブログ
スポンサーリンク


5D1A4598t.jpg

晴れるという予報もあったが、7時半以降、御岳山周辺ではけっきょく一秒たりとも晴れ間を見なかった。

どころか、山頂付近は濃霧に覆われ、雨が降ったりやんだりという不安定な空模様。狙いは主に猛禽とまだ残っているだろう夏鳥だったが、こんな天気ではタカが舞うわけもない(飛んだとしても見えない)。

しようがないので、持参した山ごはんを食べ、しばらく山道をぶらついたり参拝したりして早めに下山した。途中、ほとんどの鳥影が遠かったり暗かったりで見えないなか、1羽だけかわいいキクイタダキと目が合ったので鳥ネタはこれで。

あと、写真は撮れなかったが、脇の斜面を鳴きながら上がっていく鳥影を一瞬見た。ツグミ大で黒っぽく見えたので、たぶんクロツグミかアカハラだったんじゃないかなと。

晩ごはんの買い物をして、調布には17時半すぎに到着。期待した鳥果はなかったものの、ひんやり涼しい(というか寒い?)山道を存分に歩けていい運動になった。

確認できた野鳥
キジバト(鳴き声)、コゲラ、アオゲラ(鳴き声)、カケス(鳴き声)、ハシブトガラス、キクイタダキ、ヤマガラ、ヒガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス(鳴き声)、エナガちゃん、ゴジュウカラ(鳴き声)、ホオジロ(鳴き声)、ドバト、ガビチョウ(鳴き声) 以上16種(2020TOTAL149種)

IMG_2253.jpg
↑ 青空と思ったら、まさかこんなにガスってるとは。雨も時折降った。
IMG_2172.jpg
↑ 武蔵御嶽神社への参道に鎮座する神代ケヤキ。その幹周りは8メートルを超える。
IMG_2174_202009132343481ef.jpg
↑ 朝7時半すぎ、商店街の店はまだ開いておらず人影もまばら。
IMG_2239_20200913234412a23.jpg
↑ 境内の裏手、日本狼をモチーフにした「おいぬ様」にも手を合わせる。
IMG_2180.jpg
↑ 長尾平のお茶屋さんの前に着く。涼しくて気持ちいい、と思っていたらだんだん凍えてきて今シーズン初の「寒い」。
IMG_2201.jpg
↑ ずっとこんな調子で、山のまわりの景観はまったく見えなかった。
IMG_2213.jpg
↑ 昼、湯を沸かして食事にする。
IMG_2219.jpg
↑ 左はモンベルの「ガーリックリゾッタ」、右はIZAMESHI「ぶり大根」。どちらもけっこうおいしかった。
IMG_2285.jpg
↑ 帰路、露店でついでに買ってきた奥多摩産わさび(600円)。奥は、とろろ用にスーパーで買った青森産の長芋。
IMG_2290.jpg
↑ 包丁で皮を削ったあと、早速おろしてみる。
IMG_2298_2020091323555370a.jpg
↑ まぐろの山かけと、すこし炙ったブツ切り肉のまぐろ尽くし。
IMG_2304.jpg
↑ おろしたわさびと納豆をまぜ、醤油をちょっとたらして食べる。
IMG_2302.jpg
↑ 冷蔵庫にあったエリンギはバター焼きに。
IMG_2308.jpg
↑ 熱々のごはんにかつおぶしとわさび、しらがねぎを乗せて「わさび丼」に。奥多摩つながりで、お酒は澤乃井の純米酒を選んだ。

スポンサーリンク

5D1A3479t.jpg

まだ真っ暗なうちに起きて奥多摩へ。鳥を探したその復路、交通渋滞に巻き込まれ、山疲れというより渋滞疲れしてしまった。

日中の暑さもピークは越えた気がするものの、鳥影は薄かった。夏鳥は一声も聞いていないし、ほかの鳥がたまに鳴いても姿は見えない。それでも粘ってなんとか26種をカウントした。

11時前にクマタカが稜線上を見え隠れしながら円を描いたのと、夕方しばらくぶりにソウシチョウの群れを林道でちらっと見かけたことが主な収穫か。イカルとアオバトは割合近くで鳴いて、それっぽい後ろ姿も見たのだが「見た!」という手ごたえはない。

ヤマセミさまにしても今日はひと声も聞けなかった。梅雨明けから上流のダム湖が放水したことで、魚のいるえさ場が大幅に変わってしまったのだろう、と推測している。また、暑いうえに釣り人やウォータースポーツの若者もちらほらいる時期だけに、こうなると緑の奥にもぐって日中見つけるのはなかなか難しい。

こうして渓流や林道でひまな時間も多かったので、持参した食材を調理して楽しんだりしていた。朝はバウルーで焼いたサンドイッチ、昼は昨晩半分に分けた肉をつかったステーキ丼、そして渋滞にへきえきしながら帰宅した夜はタラ切身と野菜、豚肉の鍋をつくった。

本日確認できた野鳥
キジバト、アオバト(鳴き声)、カワウ、アオサギ、トビ(鳴き声)、クマタカ、カワセミさま、コゲラ(鳴き声)、アオゲラ(鳴き声)、カケス(鳴き声)、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ(鳴き声)、ツバメ、イワツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、ムクドリ、スズメ、キセキレイ、セグロセキレイ、イカル(鳴き声)、ホオジロ、ガビチョウ、ソウシチョウ 以上26種(2020TOTAL144種)

5D1A3376t.jpg
↑ 朝、渓流でカワセミさま参拝。逆光でよく見えないが幼鳥のようだった。
5D1A3382t.jpg
↑ まれにキセキレイやカワウ、アオサギが姿を見せてくれた。梅雨のシーズン以降、カワガラスを見かけていないのが心配。
5D1A3401t.jpg
↑ 11時、イワツバメとクマタカ。ニアミスなのに両者とも相手を気にするそぶりがない。
IMG_1345.jpg
↑ 鳥を待ちながら朝食をつくる。
IMG_1346.jpg
↑ マカロニサラダを挟んで焼いたのや、このほかハム、チーズを挟んだものを焼く。
IMG_1386.jpg
↑ 移動して昼、冷蔵パックで持参した肉を焼く。
IMG_1395.jpg
↑ 野菜と米と一緒に本焼きしてステーキ丼に。成功してこれはかなりうまかった。
IMG_1355t.jpg
↑ 鳥はほとんどいなかったが、たくさんのアリにたかられて猿の群れも何回か出没した。
IMG_1449.jpg
↑ 15時ごろになると雷鳴が低く轟き始める。アオバトが近くで鳴いていた。
IMG_1474.jpg

スポンサーリンク