fc2ブログ
スポンサーリンク


IMGL8471t.jpg

せっかくの奥多摩なので、今朝は未舗装の道を数キロ走行してみた。

しかし、走り始めて半月、サスペンションがまだ硬くてわずかな凹凸で車体が跳ねる。片側は崖っぷちだし、おそろしくなってテスト走行だけで早々に切り上げた。

その林道を移動中、谷間をたくさんのイワツバメが舞っていた。早すぎて双眼鏡とカメラでほとんど追えなかったが、今年生まれの幼鳥たちもたぶんいただろう。

そして、空気がしっとりして雨になりそうな気配だったので、昼前にはガソリンを満タンにして奥多摩を発つ。寄り道しながらたいした渋滞にも巻き込まれず、14時すぎに調布に着いた。

本日確認できた野鳥
コゲラ(鳴き声)、アオゲラ(鳴き声)、カケス、ハシブトガラス、コガラ、シジュウカラ(鳴き声)、ツバメ、イワツバメ(今年初見)、ヒヨドリ、ミソサザイ(鳴き声)、ムクドリ、キビタキ(鳴き声)、オオルリ(鳴き声)、スズメ 以上14種(2021TOTAL61種)

IMG_0997t.jpg
↑ 今朝の奥多摩は、空気が湿ってひんやりしていた。
IMG_1007t.jpg
↑ ミソサザイとキビタキの声が聞こえてくる。近くをイワツバメの群れが舞っていた。
IMG_1011.jpg
↑ 奥多摩から帰宅してマイタケと四元豚の肩ロースを焼く。
IMG_1014.jpg
↑ エビとアボガドのサラダ、サッポロビール園サマーピルスと。
IMG_1017.jpg
↑ 最後にスパイシーチキンカレーをすこしと、鳥取産のスイカ。
IMG_1021.jpg

スポンサーリンク

5339F982-6407-4AC1-824D-CA3DC4C111A9.jpeg

休日の渋滞に巻き込まれながら奥多摩へ。調布を9時半に出発し、時間がだいぶかかって奥多摩の山域に着いたのは昼ごろだった。

お目当ては夏鳥だったが、フルフェイスヘルメットをかぶっていると鳥の声はほとんど聞こえない。しかも蒸れるので休憩中にヘルメットを脱いでお手洗いの鏡を見ると、毛髪がワカメのようにぺったり頭にはりついて一挙に薄毛になった気がした。

あせってスマホで早速調べてみると、うそか誠か、フルフェイスヘルメットが毛髪頭皮に与えるダメージは大とのこと。わたしの場合、家系的にも毛髪には不安がある。バイクで走れば走るほどハゲていくのはこわすぎる、と心に暗い影が落ちた。

宿に着いて一日を振り返ってみれば、交通事故や夏鳥よりもその毛髪を失う恐怖が気になって仕方ないツーリングだった。エンジョイツーリング、でもまだハゲませんように。

本日確認できた野鳥
キジバト、カワウ、アオサギ、ホトトギス(鳴き声)、ツツドリ(鳴き声)、トビ(鳴き声)、カワセミさま、コゲラ(鳴き声)、オナガ、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス(鳴き声)、ヤブサメ(鳴き声)、メジロ、キビタキ(鳴き声)、オオルリ(鳴き声)、スズメ、キセキレイ、ホオジロ(鳴き声)、ガビチョウ 以上22種(2021TOTAL60種)

892F1440-E950-4998-8FE1-C0D67F15EF48.jpeg
調布〜奥多摩周辺ツーリング 約120km
9F1CF140-1D8C-48EB-BBEA-2DBF9E9C270C.jpeg
↑ しばらくぶりのヤマカガシにはすぐ逃げられてしまう。
AD00CF1D-FD6B-4A93-B232-82AC552596CA.jpeg
↑ 今年は梅雨入りが遅い。あちこちの渓流も水位がないようだ。
EBD066FE-E98B-4814-9C83-DDDB406EEDB1.jpeg
↑ コロナ禍の営業自粛で、夕方になると店がまったく開いていない。晩ごはんはコンビニめしのフルコース。
66222A7E-DBA3-4569-A2E3-CE6126C02B36.jpeg

スポンサーリンク