FC2ブログ
スポンサーリンク


5D1A2564t.jpg

引きこもり生活のリハビリに多摩川上流、奥多摩の渓谷をすこし歩いた。

例年のこの時期に比べると行楽客の数は3、4割ほどだろうか、それでも釣りや岩登り、キャンプ、トレッキングのひとを川沿いで点々と見かけた。

見かけた鳥はツバメが多く、集団で飛び交う場所も。また、夏鳥のオオルリ、センダイムシクイの声は朝のうちにちょこっと。アオバトとイカルは午後にしばらく鳴いていた。

このところの大雨で水かさが変わり、ヤマセミさまは行動範囲をすこし移された様子。朝のしょっぱな、なにかくわえて飛んでいくのを遠目に見送ったが、流れが変化してたぶん魚の集まる場所も変わったのだろう。

上写真は15時半、2羽が鳴き交わしながら飛んでいくところ。オスがメスを追っているようにも見えたが、なにをしておられたのか分からない。

このあと急にUターンしてすぐ目の前を通過していったが、2羽の軌道がむちゃくちゃで捉えられなかった。これも引きこもり生活の後遺症か。

日中はおおむね晴れていて、帰宅後、夜になってまたポツポツと降り始めた。今週も雨マークが続いていて、梅雨明けはいつになるのかと本当に待ち遠しい。

本日確認できた野鳥
キジバト、アオバト(鳴き声)、カワウ、アオサギ、トビ、カワセミさま、ヤマセミさま、コゲラ(鳴き声)、アオゲラ(鳴き声)、カケス、ハシブトガラス、シジュウカラ(鳴き声)、ツバメ、イワツバメ、ヒヨドリ、ウグイス(鳴き声)、エナガちゃん(鳴き声)、センダイムシクイ(鳴き声)、ムクドリ、オオルリ(鳴き声)、スズメ、キセキレイ、ハクセキレイ、イカル(鳴き声)、ガビチョウ(鳴き声) 以上25種(2020TOTAL143種)

5D1A2345t_202007122353339cf.jpg
↑ 大雨で大丈夫だろうかと心配していたがぶじ安否確認できた。
5D1A2303t.jpg
↑ キセキレイは水辺でたまに見かけたものの、そういえば今日はカワガラスの気配がなかった。
5D1A2326t.jpg
↑ アオサギとカワウはそれぞれ数羽の集団が行き来していた。
5D1A2527t.jpg
↑ ひんぱんに潜水を繰り返すカワウ。雨の影響で、上流から魚が流れてきているのかもしれない。
5D1A2456t_20200712235331131.jpg
↑ 今年巣立ったばかりのかわせみさまも。お腹が黒っぽく、くちばしもちょっと短い。
IMG_9742.jpg
↑ 朝、サンドイッチをバウルーで焼く。その左は蚊取り線香。
IMG_9795.jpg
↑ これはお昼用の携行食。食事メニューも調理道具もあれこれ試している。
IMG_9818.jpg
↑ 小松菜ごはんと鶏炭火焼はそこそこうまかったけれど、期待のビーフシチューはちょっと水っぽかった。
IMG_9862.jpg
↑ 帰宅後の晩ごはんは、かんたんにレトルト中心で。国産鶏とさつまいものグリーンカレーと、えんどう豆と豆乳の冷製スープなど。
IMG_9703.jpg

スポンサーリンク

5D1A0202t.jpg

雲取山荘で20時過ぎに寝て、5時40分に起床。6時から食堂で朝食をとって、そのあと荷物をまとめて7時に出発した。

山の北側斜面(秩父側)には雪が残って凍結していたので、雲取山頂から三条の湯の山小屋を目指して丹波山方面に下山する。天気がよくてタカが舞うような気がしたのだがトビすら見なかった。

途中、コココン、コココンとかすかなドラミングの音がして、双眼鏡を向けてみるとゴジュウカラが小さな洞(うろ)から顔を出している。中のほうを掘り進めてその木くずをかき出しているようで、巣穴にして活用するつもりなのだろう。

ほかに見かけたのは、今日もまたカラ類の群れがほとんどで、ルリビタキやミソサザイはどこからか声が聞こえるだけだった。ふだん聞かないさえずりもこの時期は時折交じっていて、録音したりしながら正体をあれこれ想像する。

こうした野鳥の声や風景を楽しみながらゆるゆる下って、三条の湯の山小屋(標高1,103m)に着いたのは13時前。

来訪の意をあらかじめ電話で伝えていて、すんなりと日帰り入浴を使わせてもらえた。渓流を眼下に望むシンプルな天然温泉で、登山しながらの昼風呂はどう控えめにいっても最高。

三条の湯からはがけっぷちの後山林道などを2時間半ほど歩き、16時前にぶじ国道411号(大菩薩ライン)に出る。奥多摩湖に注ぐ丹波川沿いを走っている道路で、お祭バス停から奥多摩駅に戻ってぶじ調布に帰ってきた。先日に続き、ツバメはその奥多摩駅周辺で。

本日確認できた野鳥
カワウ、アオサギ、キバシリ、コゲラ、アカゲラ、オオアカゲラ、ハシブトガラス、コガラ、ヤマガラ、ヒガラ、シジュウカラ、ツバメ、ゴジュウカラ、ミソサザイ(鳴き声)、ルリビタキ(鳴き声)、ジョウビタキ(鳴き声)、キセキレイ 以上17種(2020TOTAL138種)

雲取山荘~雲取山頂~三条の湯~お祭バス停 徒歩13.93km 標高705~2,017m
20200326.png

5D1A0263t.jpg
↑ あたりに目を配りながらせっせと木片を運び出す。
5D1A0274t.jpg
↑ ちょっと離れたほかの枝をたまに突ついていたのは、本命の穴がばれないようにするためだろうか。
5D1A0149t.jpg
↑ アカゲラとコゲラをたまに見かけた。
5D1A0284t.jpg
↑ 標高800m付近ではオオアカゲラも。
IMG_5901.jpg
↑ 朝6時前、山荘の部屋から見る朝焼け。
IMG_5904.jpg
↑ 7時すぎに雲取山荘を出発する。
IMG_5909.jpg
↑ 昨日きたルートでふたたび雲取山頂へ。山の北側斜面はところどころ凍結しているのでアイゼンを使う。
IMG_5963.jpg
↑ 雲取山頂から下山中、がけっぷちの細い山道がけっこう続いた。
IMG_5987.jpg
↑ 山荘で用意してもらったおいしい弁当(有料)。背景の山は飛龍山(大洞山)。
IMG_5989.jpg
↑ 土砂崩れにより登山道が途切れている箇所も。
IMG_6003_20200326225433870.jpg
↑ 標高1,100m付近、三条の湯で温泉を使わせていただく。入浴のみ600円。
IMG_6030.jpg
↑ 三条の湯から先もいやながけっぷちがしばらく続く。落ちたらたぶん死ぬ。
IMG_6057.jpg
↑ 16時前、奥多摩湖へと続く国道411号沿いのバス停にぶじ到着。
5D1A0067t_202003262307139d2.jpg

スポンサーリンク