FC2ブログ
スポンサーリンク


5D1A5804t.jpg

早起きして奥多摩へ。新たなポイント、見晴らしのいい山の中腹で10時から15時半までためしに定点観測した。

いつもと違う角度でクマタカが飛ぶかもしれない、とウキウキしていたが読みははずれた。11時35分、いくつかの稜線を超えたずっと向こうでぽつんと弧を描いているのを遠望しただけで、ほかの鳥も期待したほどではなかった。

それにしても、コロナ禍の疎とはいえ静かすぎる山道で、誰も下りてこないし誰も上がってこない。それで鳥がいればいいのだが、その鳥もほとんど出てこない。周りにいるのはアブやアリなどの虫だけだ。

そのうえ霧が出てきて肌寒くなり、さっさと帰りたくなるくらい不気味な雰囲気。ほとんど電波圏外でスマホもつかえず、昼めしをつくるのが唯一いいひまつぶしになった。

15時半に撤収するまで、けっきょく誰も通らず、鳥にかんしては収穫という収穫はなし。ここで姿を見たのはヒヨドリとカケス、クマタカ、それにカラ類などの小鳥くらいで、しかも遠かった。豆粒というかゴマ粒のような鳥の写真をいちおう記念に挙げておきたい。

本日確認できた野鳥
キジバト、アオバト(鳴き声)、クマタカ、コゲラ(鳴き声)、アカゲラ(鳴き声)、アオゲラ(鳴き声)、モズ(鳴き声)、カケス、ハシブトガラス、コガラ、ヤマガラ(鳴き声)、ヒガラ、シジュウカラ(鳴き声)、ヒヨドリ、ウグイス(鳴き声)、エナガちゃん(鳴き声)、メジロ(鳴き声)、ゴジュウカラ、ムクドリ、スズメ、イカル(鳴き声)、ホオジロ、ドバト、ワカケホンセイインコ(鳴き声)、ガビチョウ(鳴き声)、ソウシチョウ(鳴き声)  以上26種(2020TOTAL151種)

5D1A5767t.jpg
↑ ゴマ粒シリーズ「カケス」。
5D1A5782t.jpg
↑ ゴマ粒シリーズ「クマタカ」。
IMG_3014_20201004233946516.jpg
↑ 虫がぶんぶん飛びまわってしつこいので裏拳でうち落とした。調べたところ、獣糞や死がいに集まるオオセンチコガネのようだ。
IMG_3034.jpg
↑ 本日のお楽しみランチセット。肉系のパックや玉子などは保冷剤をつかって運んだ。
IMG_3048.jpg
↑ マルタイの棒ラーメンを茹でる。2食入りなので替え玉気分が味わえる。
IMG_3052_202010042339356fc.jpg
↑ デザートのパイン缶詰。
5D1A5749t.jpg
↑ もしかするとこれは食えたかな?(調べ中)
IMG_3072.jpg
↑ 帰宅後の夕食はチーズをふってチンしたチーズバゲットとキーマカレー。
5D1A5814t.jpg

スポンサーリンク

5D1A4994t.jpg

昨日しばらくぶりに山登りをして多少の筋肉痛はあったが、あえて奥多摩に行って今日も歩くことにした。迎え酒じゃないけれども、その昔に習った「筋肉痛は筋肉痛で治せ」の精神である。

寄り道しながら多摩川沿いを上流に向かって歩き、確認できた野鳥は下記リストのちょうど30種。昨日見られなかった渡りのハチクマと、あとはノビタキ、ジョウビタキを主に狙ったものの、残念ながらことごとく空ぶった。(ジョウビタキのような鳴き声がちらっと聞こえたのは空耳だったかも)

上写真は、昨日に続いて勃発したツミvsノスリの図。小さなツミが盛んに仕掛けて、ノスリが面倒くさそうにしているのも昨日と同じだ。

あとは、サシバの渡りとか、クマタカとか。考えてみれば、これも昨日とほとんど変わらない。

写真は撮れなかったが、アオバトは今年初見。あちこちでモズが高鳴きしていて、秋の深まりをひしひしと感じた今日のウォーキングだった。

本日確認できた野鳥
キジ(鳴き声)、キジバト、アオバト(今年初見)、カワウ、トビ、ツミ、クマタカ、サシバ、ノスリ、コゲラ、アオゲラ(鳴き声)、モズ(鳴き声)、オナガ(鳴き声)、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヤマガラ(鳴き声)、シジュウカラ、ツバメ、イワツバメ、ヒヨドリ、ウグイス(鳴き声)、エナガちゃん、メジロ、ムクドリ、スズメ、キセキレイ、ハクセキレイ、ホオジロ、ドバト、ガビチョウ(鳴き声) 以上30種(2020TOTAL151種)

奥多摩 徒歩9.36km
20200923.png

5D1A5342t_20200923000349a2a.jpg
↑ ヒヨドリの幼鳥? 甘えるような声で盛んに鳴いていた。
5D1A5013t.jpg
↑ 本日のサシバ1羽目。
5D1A5071t.jpg
↑ 昼すぎまでは青空が広がっていて、渡っていくサシバも多かった。
5D1A4917t.jpg
↑ はるか遠くにクマタカ。猛禽が出ても、ほとんどが遠くて豆粒状態だった。
IMG_2591.jpg
↑ 多摩川にだいたい沿って上流を目指す。
IMG_2630.jpg
↑ 涼しい河原では、下ってくるラフティングボートと長い竿を持った釣り人にちょくちょく行き合った。こうなると鳥はあまり期待できない。
IMG_2684_2020092300035656c.jpg
↑ 帰宅してからの晩ごはんは、沖縄そばとメバチマグロの刺身など。

スポンサーリンク