FC2ブログ
スポンサーリンク


D4A9E9AD-2A12-4604-8A9E-3624EDE9CAAB.jpeg

夜のうちに雨が降ったようで、8時、外に出るとあたり一面がしっとりしていた。すぐにまた降りそうな空模様だったので、向かった先は比較的近場の実家の裏山。

渓流のオシドリとヤマセミさま、カワガラスに車内からちょっと挨拶したあと、小雨がやんだのを見計らってもうすこし山奥に車を走らせる。帰りの高速バスの時刻があるので滞在20分だったが、ここでソウシチョウ十数羽とミヤマホオジロ6、7羽、それにルリビタキ1羽が矢継ぎ早に出てきてくれたので、九州最終日のネタは今年初見のこの3種で。

そのあと、実家近くから福岡空港行きの高速バス、さらに飛行機、羽田からは調布行きの高速バスと乗り継いでいまその車内だ。

デジカメとiPad、スマホさえ持っていれば、いまや交通機関のあちこちにWi-Fiサービスがあるし、乗り継ぎのひまな時間だけでブログがかんたんにアップできる。荷物もリュックひとつとカメラバッグだけで充分。ひと昔前はノートパソコンやルーター、アダプターなんかをたくさん持ち歩いていたが便利になったものだ。

最後、鳥の話から脱線しつつあれこれ書いてるうちにもうすぐ調布駅前。親にも鳥にも会えて、とてもいい休暇だった。

本日確認できた野鳥
オシドリ、カルガモ、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、カワセミさま(鳴き声)、ヤマセミさま、コゲラ(鳴き声)、ハシボソガラス、ヤマガラ(鳴き声)、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス(鳴き声)、メジロ(鳴き声)、ムクドリ、カワガラス、シロハラ、ツグミ、ルリビタキ(今年初見)、ジョウビタキ(鳴き声)、スズメ、ハクセキレイ、ミヤマホオジロ(今年初見)、ソウシチョウ(今年初見) 以上26種(2020TOTAL90種)

佐賀周辺〜福岡空港 車、高速バス86.92km 高度17〜379m
F16FE8DC-7D54-45CA-83EF-50CDD618DF38.jpeg

1C91281A-A460-4CC0-B88A-E733B0F73DC4.jpeg
↑ オスは道端で採食中。
B9DDD271-3C17-4778-AD58-7E8E450C9A1F.jpeg
↑ ルリビタキも顔を見せてくれた。
38233BBE-97BE-4465-ACEE-4236DB558256.jpeg
↑ あいかわらず騒々しいソウシチョウ。
98669C38-01FD-449C-90D2-F75ED681A3B9.jpeg
↑ カルガモとオシドリの混群?
FFC3220E-7F29-403E-9E82-40E9D75881CE.jpeg
↑ 道すがらヤマセミさまをちらっと参拝。どうかお元気で。
9FB2B2C1-8A42-4B02-8BE5-628628B9CDF9.jpeg
↑ ついでに紹介しておくと、九州のおいしいアイス、竹下のブラックモンブラン。九州人は全員知っていても、関東の方は知らないひとが案外多いので。
25379319-53E6-4AB4-BBBD-A745775C2A49.jpeg
↑ 9時半ごろ、雨がやんで晴れ間がのぞく。
839EED22-7919-454E-A817-0CE74AC8E55E.jpeg
↑ 通りかかった裏山の山里。
6CD1BDE0-EBAE-4E33-A66D-1D49C9388A53.jpeg
↑ またしばらくの間、さらば佐賀平野。
EA5C82A6-D911-4BC9-ACD8-307C3D3F2DC9.jpeg

スポンサーリンク

DB33B8F0-A831-47E1-9F32-5DDE359028D9.jpeg

満潮まであと1時間という時刻、9時前に有明海の大綬搦(だいじゅがらみ)に着く。

ここ数日間は、干潟で鳥を見るのに都合のいい、大潮の時期である。これでもがんばって早起きしたのだが、堤防沿いにはすでに全国各地からの車がずらっととまっていた。

そして、なみなみと満ちてくる潮から避難するように鳥たちが寄ってきて、長靴を泥まみれにしながら確認できたのはシギチドリを中心に20種あまり。まぎらわしいのもあって、地元の方に質問したりして詰めたつもりだが、なにか間違えてたらごめんなさい。

ダイゼンやメダイチドリ、シロチドリなど今年初見の種も多く、充実した2時間だった。

また、夕方には、家族とのドライブがてらふたたび有明海に沿って鹿島、太良(たら)方面へ。海際にある道の駅に寄った際、潮の引いた干潟にはハシビロガモが少しと、あとはツクシガモ、ズグロカモメが点在していた。キンクロハジロとホシハジロの群れ、タシギもこのあたりの水路や池で。

本日確認できた野鳥
カササギ(今年初見)、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ(今年初見)、オナガガモ、コガモ、ツクシガモ、ホシハジロ(今年初見)、キンクロハジロ(今年初見)、カワウ、アオサギ、コサギ、オオバン、クロツラヘラサギ、ダイゼン、シロチドリ(今年初見)、メダイチドリ(今年初見)、ミヤコドリ(今年初見)、オグロシギ(今年初見)、オオソリハシシギ(今年初見)、ソリハシセイタカシギ(今年初見)、タシギ(今年初見)、チュウシャクシギ(今年初見)、ダイシャクシギ、ホウロクシギ(今年初見)、アカアシシギ(今年初見)、アオアシシギ(今年初見)、ハマシギ、ズグロカモメ(今年初見)、セグロカモメ(今年初見)、オオセグロカモメ(今年初見)、ミサゴ、カワセミさま(鳴き声)、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヒヨドリ、ウグイス(鳴き声)、メジロ、ムクドリ、ツグミ、シロハラ、スズメ、ハクセキレイ、ホオジロ、アオジ、ドバト 以上48種(2020TOTAL87種)

有明海 大綬搦、鹿島、太良周辺 車122.4km 高度0〜45m
9DF30828-FD5C-477D-9168-4EF2EAD3EBDC.jpeg

9636263A-21A2-412E-82C0-46490F8FC696.jpeg
↑ さすがはラムサール条約の登録湿地で、あいかわらずすばらしい鳥の楽園。
9EB2FF0F-5992-4496-909B-A370DF8CD2AF.jpeg
↑ 奥にいるのはミヤコドリ3羽。
E3D2D3E2-7B6E-4D84-B04E-13D34C9203EF.jpeg
↑ 先頭をゆく1羽がアカアシシギで、それを追うようにアオアシシギが飛ぶ。
56BDBB2E-2058-4C88-BD37-247238EBC452.jpeg
↑ なにが合図となったのか、ハマシギが一斉に舞う。
B9161CE0-A50D-4E66-922E-828A89E4F98C.jpeg
↑ ダイシャクシギがほとんどで、まれにチュウシャクシギとホウロクシギが交ざっていた。
E06D85AA-1D76-4BB2-A227-1398A0FA6310.jpeg
↑ クロツラヘラサギの大あくび。数えてみると、ひとところに27羽が集まっていた。
BEFCEB98-247A-4DE5-A9E2-168F5E200078.jpeg
↑ 夏羽に移行しているメダイチドリも一部。
C7735DAC-0D97-4817-99E6-891E6F999797.jpeg
↑ 特徴的な姿をしたソリハシセイタカシギ。たまに飛びながら2羽が行ったりきたりしていた。
9D1017FA-BF47-4BFE-9AA2-73B655B4EB83.jpeg
↑ 夏羽をまとったオグロシギ。
DDAEDD53-2DED-49F4-8312-143184FC1C2B.jpeg
↑ くちばしが反ったオオソリハシシギ。
0B97A310-D769-4A1A-8744-1A6B7BD5F56A.jpeg
↑ 朝は曇っていて、今日も比較的暖かかった。
04A1C502-A515-4282-8909-AE111F63F7FD.jpeg

スポンサーリンク