FC2ブログ
スポンサーリンク


IMG_3784.jpg

朝はびしょ濡れになったが、帰りはさいわい雨があがった。日中、雨のなかでムクドリたちや木立のシジュウカラがなにかをついばんでいるのを見た。

晩は、ひじき煮をつくったり、ぶりの切身に薄力粉をまぶして焼いたりした。昨日のさわらもそうだったが、慣れてないので特に魚介系の下処理に想定外の時間がかかってしまう。魚ごとの処理法を覚えつつ、JUST DO IT、とにかく実践あるのみだ。

一方、人参と油揚げをつかったひじき煮は、目分量と勘を頼りにエイヤでつくって案外うまくいった。たまにこういうこともある。味つけは酒と砂糖、減塩醤油、そして白だしをちょこっと。

つくりながらこの二品だけではさびしい気もして、ついつい玉子かけごはんと、あとは市販の枝豆豆腐、マカロニサラダを付けて食べた。さらにラストは冷やした杏仁豆腐、腹八分目というところでごっそさん。

本日確認できた野鳥
ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ムクドリ、スズメ、ハクセキレイ(鳴き声) 以上7種(2020TOATL159種)

IMG_3777.jpg
↑ 人参を千切りにしたりして準備する。
IMG_3782.jpg
↑ オリーブオイルをひいてまず人参を炒める。人参が透き通ってきたら油揚げを加える。
IMG_3783.jpg
↑ ひじきを加え、このあと酒や砂糖などの調味料を入れて煮合わせる。出来立て、熱々のひじき煮はうまい。
IMG_3788.jpg
↑ 昨日スーパーで買ったぶりを用意する。
IMG_3793.jpg
↑ 熱湯を注いで約1分、魚のくさみをとる。
IMG_3796.jpg
↑ 氷水で一気に冷やして身を締める。
IMG_3798.jpg
↑ キッチンペーパーで水気を切り、薄力粉を全体にまぶして炒める。
IMG_3811.jpg
↑ 酒とみりん、減塩醤油を少しずつふってさらに炒めれば完成だ。強火でやってちょっと焦げてしまった。
IMG_3809.jpg
関連記事

スポンサーリンク

IMG_3767_20201023000846d69.jpg

朝晩の移動中はさいわい降りそうで降らなかった。しかし空気は湿っぽく、鳥たちの気配も薄し。

晩につかった魚は、スーパーに並んでいた長崎産のサワラ。生ぐさみをとるために塩をふってしばらく置いたり、切身を調味液に漬けたりするのに時間がかかるため、豚肉ともやしの蒸し鍋とあさりの味噌汁を並行してつくる。

あさりも塩水をつくって砂抜きをしたりして、それぞれ下準備に時間がかかりがちだった。しかし、下準備を終えればあとはサクサクつくって、おいしく食べて晩めし終了。

本日確認できた野鳥
シジュウカラ(鳴き声)、ヒヨドリ、エナガちゃん(鳴き声)、ムクドリ(鳴き声)、スズメ(鳴き声) 以上5種(2020TOTAL159種)

IMG_3736.jpg
↑ 今晩のメインディッシュ、さわら二切れ。
IMG_3739.jpg
↑ 切ったあと、塩をふって20分ほど置く。表面に水気が浮いてきたらキッチンペーパーで吸いとる。
IMG_3742.jpg
↑ 平行してあさりの下準備をする。砂抜きのため、3%の塩水に浸してボウルにアルミホイルをしばらくかぶせる(あさりにとって暗い環境をつくる)。
IMG_3756.jpg
↑ 酒とみりん、減塩醤油でつくった調味液(レモン入り)にひっくり返しながら計30分ほど漬け込む。
IMG_3757.jpg
↑ オーブンレンジで裏表、220度の設定で計8分ほど焼く。
IMG_3758.jpg
↑ 調味液をすこし塗って、仕上げにフライパンで軽く焼く。ついでにねぎも。
IMG_3763.jpg
↑ 平行して準備した豚肉ともやしの蒸し鍋。こちらはポン酢で。
IMG_3765.jpg
↑ 減塩味噌と昆布をひと切れつかって、あさりは熱々の味噌汁に。
IMG_3768.jpg
関連記事

スポンサーリンク