fc2ブログ
スポンサーリンク


20240203010036e25.jpeg

昨日から一転、ふたたび真冬の気温に逆戻りした。心配なのは来週前半の天気で、ここ関東地方、月曜と火曜にとうとう雪マークが。

冬の豪雨、強風ならばまだ耐えられるが、ほんのわずかでも雪はアウトだ。プチ出張の予定があるものの、いつものバイク移動はあきらめるしかない。

計画を練り直しつつ、晩めしは八王子の道の駅で昨日買ってきた食材を使った。八王子ではなく新潟産のものだが、たらの芽といえばまずは天麩羅だろう、と油を用意して揚げることに。

そして、たらの芽だけでは油がもったいないと、せっかくなので舞茸とタコも一緒に揚げることにする。油のほかは薄力粉と冷水しか使わず、シンプルながらしばらくぶりの天麩羅と春の味覚をおれなりに堪能できた。

油がもう少しあるので、明日か明後日あたりもまた天麩羅にしようかな。次は何を揚げようか。

本日確認できた野鳥
ハシブトガラス、シジュウカラ(鳴き声)、ヒヨドリ、メジロ(鳴き声)、ムクドリ、スズメ、ドバト 以上7種(2024TOTAL38種)

20240203010046e3c.jpeg
↑ 今日のランチは、すき家で。
20240203010045a52.jpeg
↑ お惣菜のかぼちゃサラダ。
20240203010040185.jpeg
↑ 今夜のメインは春の味覚、たらの芽。
2024020301004231b.jpeg
↑ あとは舞茸とタコを揚げることにする。
202402030100485ea.jpeg
↑ 固くて食べにくい部分を指とナイフで除いて下処理する。
20240203010043722.jpeg
↑ 薄力粉と冷水を混ぜる。
20240203011042b20.jpeg
↑ そしてギャマの油(おろちんゆー風に。今夜はキャノーラ油)を用意する。
20240203010039d45.jpeg
↑ 天麩羅と沢庵のおともは、これも道の駅で見つけた清酒「八王子 千人同心」。かつて幕府直轄領だった八王子、歴史好きの心をくすぐるネーミングとラベルだ。
20240203010037d29.jpeg
↑ ギャマの油でたらの芽をまとめて揚げる。
20240203010034a63.jpeg
↑ 熱々のものを今夜は塩で。酒がまたうまい。
20240203010033929.jpeg
↑ あとは舞茸とタコを揚げていく。タコはぷりぷりの食感だ。
20240203010031941.jpeg
関連記事

スポンサーリンク

Secret

TrackBackURL
→https://kawasemidaruma.com/tb.php/2326-56a2af0d