FC2ブログ
スポンサーリンク


20190821205918c51.jpeg

早めの時間帯に北上し、夕方、福島駅の近くにある信夫山(しのぶやま)を散歩。

標高275mの小高い丘のような山で、ふもとの鳥居をくぐって登っていくと、セミが鳴くほかは、しん、と静まり返ってひとの気配もなければ鳥もほとんど見かけない。蒸し蒸しした暑さのなか、うっとうしく寄ってくるのは蚊ばかりである。

しようがないので展望台で蚊をたたきながら市街を眺めていると、15時すぎにぱらぱらと雨が降った。それでいくらか涼しくなったのがよかったか、山中にある羽黒神社のあたりに出てきたのは、メジロとエナガちゃん数十羽の群れだ。

木から木へと抜けていくその群れに双眼鏡を向けていると、コゲラが2、3羽、それにムシクイのなにかが1羽交ざっているのが見えた。たぶんメボソムシクイかな、と思うけれど、鳴かなかったしよく分からない。

そのあと山をくだり、帰りもまた市内循環の100円バスで。福島駅東口で降りると、ものすごい数のムクドリが駅前の木々に集結していて、その声がうわんうわんとあたり一面に響いていた。

本日確認できた野鳥
キジバト(鳴き声)、コゲラ、アオゲラ(鳴き声)、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ(鳴き声)、ツバメ、ヒヨドリ、エナガちゃん、メジロ、ムクドリ、スズメ、カワラヒワ、ホオジロ、ドバト、ガビチョウ 以上17種(2019TOTAL172種)

福島駅〜信夫山周辺〜福島駅 市内循環バス、徒歩12.54km 高度55〜258m
20190821205931d35.jpeg

2019082120592941b.jpeg
↑ ホオジロのたぶんご夫婦。
20190821205930399.jpeg
↑ ガビチョウがここにもいた。
20190821205929fd5.jpeg
↑ 山中の羽黒神社のあたりにいたムシクイ。
20190821205928235.jpeg
↑ ふもとの鳥居。和歌にも登場する名山で、昔から山岳信仰で栄えてきた。山中には寺社や展望台がいくつもあって、参道も入り組んでいる。
20190821205929816.jpeg
↑ 第二展望台からの眺め。中央にあるのは福島競馬場で、その奥には阿武隈川が流れている。
2019082120593120a.jpeg
↑ 山頂にある羽黒神社と、その境内に奉納されている「日本一の大わらじ」。長さ12m、重さ2tというサイズで、夏のわらじ祭りの際は山から担ぎ下ろされて市街地を練り歩く。
20190821205931feb.jpeg
↑ 福島駅前をムクドリの大群が飛ぶ。圧巻の数で、これでもまだごく一部。
20190821211306458.jpeg
関連記事

スポンサーリンク

Secret

TrackBackURL
→https://kawasemidaruma.com/tb.php/875-f4ced314