FC2ブログ
スポンサーリンク


171010DF-264E-410B-8884-24DBCB3B50F8.jpeg

キンキンに冷えこんで雪が降るかも、という予報だったので奥多摩の渓谷に向かった。明日は晴れるようだし、この週末は初雪の景観と鳥を満喫するいいチャンスである。

ところが、初日の今日、着いてみるとそれほど寒くない。多めに用意した防寒着とホッカイロ、それにカメラバッテリーなんかもほとんどムダになったが、この寒気流入が吉と出たか、冬鳥たちがぽつぽつと姿を見せてくれた。

ジョウビタキとカシラダカ、ベニマシコがところどころで鳴き、ルリビタキとカヤクグリは視認それぞれ1羽ずつ。たまに見かけるミヤマホオジロの群れはご不在だったものの、冬の役者がいよいよ揃ってきた感がある。

また、冬鳥のほかは、カワガラスやカケスを見て、台風後しばらくぶりにヤマセミさまの安否確認もできた。

そのヤマセミさま、14時前に上流のほうで2羽が鳴き交わし、そのあと1羽が対岸に飛来。枝に腰かけて30分ほど休憩したあと、中州をちょろっと経由して下流へと向かわれた。谷底は暗くなるのが早く、早めのディナーにでも行かれたのだろうか。

ヤマセミさまを見送ったあと、ブラインドやカメラなどの荷物を片付け、15時前にわたしも撤収する。夜になってもけっきょく雪は降らなかった。

本日確認できた野鳥
カイツブリ、カワウ、トビ、カワセミさま(鳴き声)、ヤマセミさま、コゲラ、カケス、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス(鳴き声)、エナガちゃん、メジロ、ゴジュウカラ、カワガラス、ルリビタキ、ジョウビタキ、カヤクグリ、スズメ、ハクセキレイ、ベニマシコ、ホオジロ、カシラダカ、ワカケホンセイインコ、ソウシチョウ(鳴き声) ※ワカケホンセイインコは深大寺周辺で 以上26種(2019TOTAL181種)

奥多摩 徒歩8.38km
052EE562-6820-429B-BC29-92BEA135D5E6.jpeg

9CF78AAA-BFE8-4827-BB45-85C91D50EC9A.jpeg
↑ 道すがらジョウビタキがところどころで鳴いていた。
F51028D3-D3EB-461F-A1B7-CC2F6E37D301.jpeg
↑ ルリビタキ。声は何回か聞いたものの視認できたのはこの1羽だけ。
E128C061-8303-4416-964B-11CEC2251237_20191207202228dbb.jpeg
↑ 目の前の渓流を時折行き来するカワガラス。
55711393-8317-4A7B-8422-5E587A51E360.jpeg
↑ カイツブリが羽づくろいしては潜水を繰り返していた。
3B417683-77CA-49A1-9011-1AC3271EE6CC.jpeg
↑ 14時18分、谷底の対岸、枝の奥の奥にとまったヤマセミさま。台風後は声も聞こえずに心配していたので、ごぶじでよかった。
5DF7CED2-4ADA-44C6-9CDE-32ED5DC93F78.jpeg
↑ 14時49分、砂州の流木に着陸。このあとすぐに下流に去っていかれた。
12F3437D-7E13-48D6-91B3-9EC4C51458F7.jpeg
↑ 本日の道なき道。谷底に降りるのも這い上がるのもひと苦労。
D6E7DCE6-6754-40F7-A0E9-F7B5848155D1.jpeg
関連記事

スポンサーリンク

Secret

TrackBackURL
→https://kawasemidaruma.com/tb.php/919-914f2e34