FC2ブログ
スポンサーリンク


5D1A3055t.jpg

早朝、降りしきる雨をみて一瞬ひるんだが出かけることにした。山間は雪の予報が出ていて、なにか面白い景色や鳥がみられるかもしれない、と考えたからだ。

まず列車を使って向かった先は山梨県甲州市。西にくだって相模湖を越えたあたりから本降りの雪になり、下車したときには一面の雪景色となる。待合室で暖をとっていた地元のおばあちゃんによると、2か月前の降雪以来、まとまった雪が降るのは今シーズン2回目とのこと。「上のほうはもっと積もっとるでよ」と言われ、その上のほうを目指すことにした。

そして、全身積もられながら歩くこと5時間半。15時半に帰ってくるまで雪はとうとうやむことがなく、往復14kmあまり雪中行軍してひとっ子ひとり行き交うこともなかった。

今日もっとも驚いたのは、雪と相性のいい鳥なのか、ヤマドリが3回も目の前を飛んだことだ。そのうち2回は、わたしの頭上のヤドリギの実を食べていたようで、気づかずに近づいて飛ばしてしまった。3羽なのでサッカーならハットトリック、といいたいところだが、指がかじかんで動かないし、けっきょく1枚も写真は撮れていない。

ヤマドリはいつもどおりミスったけれど、そのほか今年初見のマヒワとコガラ、ヒガラ、そしてオオアカゲラも見られて、たいへん寒くてきびしい雪中行軍もなんとか報われた思いだ。

本日確認できた野鳥
ヤマドリ(今年初見)、コゲラ、オオアカゲラ(今年初見)、ハシブトガラス、コガラ(今年初見)、ヤマガラ、ヒガラ(今年初見)、シジュウカラ、ヒヨドリ、エナガちゃん(鳴き声)、カワガラス、シロハラ、ルリビタキ、ジョウビタキ、ハクセキレイ、カワラヒワ、マヒワ(今年初見)、ホオジロ、ワカケホンセイインコ(鳴き声)、ガビチョウ 以上20種(2020TOTAL104種) ※ワカケホンセイインコは早朝、調布で確認

天目山周辺 徒歩14.22km 高度974~1456m
20200118.png

5D1A2948t.jpg
↑ ハンノキに集まって採食するマヒワ。
5D1A2976t.jpg
↑ マヒワ数百羽の群舞を2か所で見かけた。望遠レンズで撮った、その群れのおしりの数羽。
5D1A2957t.jpg
↑ コガラなどのカラ類もたまに。
5D1A2915t.jpg
↑ ユキホオジロなんちゃって。
5D1A2923t.jpg
↑ 延べ6羽ほどのルリビタキを見かける。
5D1A3010t.jpg
↑ この子はメスかな。
5D1A3025t.jpg
↑ この木の実をめぐってジョウビタキのメスと競り合っていた。陣取り合戦はルリビタキの勝利。
5D1A2945t.jpg
↑ ルリビタキを追い払うようにシロハラがくる。
5D1A3109t_202001182108460df.jpg
↑ 大雪のなか、鳥たちもがんばっている様子。
5D1A3065t.jpg
↑ 帰路、標高1,300m付近でオオアカゲラを確認。
IMG_3275_20200118212735f20.jpg
↑ 静かで神秘的だが、ガチガチに寒い。
IMG_3257.jpg
↑ 本日の最高所、標高1,456mにて。鳥の気配はなかった。
IMG_3260.jpg
↑ 最高地点で雪に吹きさらされながら本日のランチ。
IMG_3269.jpg
↑ 2羽目のヤマドリがとまっていたヤドリギ。カメラを構える間もなく、ばさばさと目の前を横切っていった。
IMG_3226.jpg
↑ 渓流をカワガラスが行き来していた。
IMG_3278.jpg
関連記事

スポンサーリンク

Secret

TrackBackURL
→https://kawasemidaruma.com/tb.php/935-11ef392e